毘沙門の風よ吹け!
毘沙門の里つれづれ日記
03 | 2008/04 | 05
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散る桜残る桜も・・・・
4月30日(水) 天気:晴れ

今日も昨日に続き暑い。
30度以上はあると思う・・・
この時期にして、もう夏日・・・・?

隣の五日町では、いま菜の花が満開!
菜の花

湯沢にある旧道にかかる小さな石橋を望む。
暑い日差しにより道路に木々が陰を落としている。
道

岩原スキー場駅を出た電車が湯沢駅に向かう・・・
電車3

こちらでは散り始めている桜もあるが、八重桜はいま満開の時・・
東京とは1ヶ月遅れくらいだ・・。

河原から岩原スキー場を望む。

同じ場所から写した写真をくどいようだが4枚添付。
風景


風景3


風景4


風景5

散った花びらが池に落ち漂う・・

散る桜残る桜も散る桜・・・・・
風景7

帰宅途中、松川地区の畑では農作業開始前の枯れ枝・落葉・ゴミなどを燃していた。
5月に入ると農作業で忙しくなる。
野焼き

またまた電車が松川鉄橋を渡っていく!
電車

明日から暫定税率廃止。
ここ湯沢のU佐美GSでも夕方6時10分値上がり前に補給しようとする車の長蛇の列が・・・!
浦佐までのGSで、ここが一番込んでいた。
車が道路にはみ出し係員が懸命が大忙し・・・
スタンド2

スポンサーサイト
新緑と春の花真っ盛り!
4月29日(火) 天気:晴れ

早朝5時の気温は2度。
冷え込むはずだ・・!
畑には霜が降りていた。
この時期にも霜が降りることがあるんだなぁ・・・・

畑に苗物を植えていなくて良かった・・・。
霜

魚野川に降りてみる。
河川敷の落葉・枯葉の上も真っ白だ。
霜4

ヨモギの新芽も突然の霜に凍えているようだ。
霜6

スギナには露がびっしり・・・・
霜8

冷気が張り詰めている分、身体はしゃきっとする。
その冷気を浴びながら朝の散歩。

大和中学校のポプラ並木。
北海道大学の並木にはかなわないが立派なものだ・・・・
ポプラ

早朝まだ誰もいないグラウンドもいい感じだ。
昔の八色原の面影は今は無い。
“河原グミ”が群生していたところが今はこんなに整備されている。
学校

家に戻り朝食。
今日は休日、天気も良くなりそうだし畑作業に専念だ・・

いまちょうど巣作りの時期で、たくさんのツバメが気持ちよく飛び交っている。
我が家の軒先にも毎年巣作りをするツバメが来る。
ツバメ

9時前に裏の畑に入り作業開始。
82歳になるおふくろとサトイモの種を伏せているところ。
おふくろが元気で本当に助かっている。
畑

陽射しが強くなってきた。
畑作業の合間にカメラを持って町内散策。

いま山は山菜取りで大賑わい・・・
“ぜんまい”がいまは盛りとか。
ムシロにはぜんまいがいっぱい・・・

手前の黒くなっている“ぜんまい”はもう干しあがっているようだ。
こうなれば出来上がり。
ぜんまい2

採ってきたばかりの“ぜんまい”のゴミや綿毛を取り、それを茹でて・干して・揉む作業を繰り返す。
この作業は大変だ。
ぜんまい

“花水木”の花だと思う・・?
青空に映えて満足げに咲いている。
花

天気が良いので散策ついでに車で、町屋の里へ・・・
おふくろの実家のあるところ・・

川のほとりの諏訪神社(地元では“お諏訪様”と呼んでいる)
神社

大木にも若葉が芽吹く。
若葉2

田んぼの作業はゴールデンウィークあたりから始まるのだろうか・・・
まだ水が張られていない。
町屋の山

芽吹きだした木々の間から八海山を望む。
八海山2

ちょっと高台に上がり八海山を写す。
八海山3

再度神社に戻り裏側から魚沼三山を見る・・・。
八海山

写真を撮っていると電車の音がしてきた。
ちょうど良いタイミングに、急いで設定を切り替え電車を待つ。
ちょっと山の稜線と電車の車両が白っぽくなったがまあいいだろう・・
電車

日中はかなり暑くなってきた。
外に吊るしてある温度計を見るとなんと32℃弱を指している。
早朝は2℃だったことから30℃上昇したことになる。
人間の身体がこれだけの短時間に温度の上昇に耐えられるように出来ている不思議さを感じる。
温度計

畑の仕事は4時半に終了。

まだ陽も明るいので、大門寿多屋さんに飲み代のツケを支払いに行ったが休日の看板が・・・。

出歩くときはいつもカメラを持っていく習性がついたので、ついでにちょっとあたりを散策。

千手院さんの石垣が芝桜で満開。
いろいろ角度を変えて撮影する。

つつじが甘く芳醇な香りをあたり一面漂わせていた。
それにつられ“熊ん蜂”がぶんぶん音をいわせながら飛んでいる。
つつじ

石垣に這うように咲く芝桜とつつじの花が春真っ盛りの毘沙門の里を彩る。
千手院

葉桜となった枝垂桜と若芽の新緑が眩しいケヤキの木と芝桜のコントラストが美しい。
千手院7

タバコ自販機
4月28日(月) 天気:曇り

朝のゴミ出しは私の日課。
今日は燃えるゴミの日になっている。

ゴミを出していると、近くに設置されている自販機でなんとタバコを買っている小学生を発見。
すわっ・・!
警察に通報か・・・・?

いやその前に聞いてみよう。
私 : 成人にならないとタバコは買っちゃダメだよ・・・
子供 : 買ってなんかいないよ・・・遊んでるだけだよ・・・

そういえばこのタバコ自販機前が子供達が集団登校するときの集合場所なのだ。
いやぁ・・良かった、良かった。

そういえば今度タバコを購入するには、年齢・顔写真などの入ったTASPOカードが必要とか・・・
喫煙するにも何かと大変だ。
自販機

昨日懇親会の時飲みすぎて書類を忘れたようなので、お寺へ確認に行く。
境内のケヤキも山々の木々にも若葉が出始めている。
お寺

石垣の芝桜から山門を望む。
お寺2

ここは湯沢。
マンション前の玄関から県境の谷川連邦を仰ぎ見る。
風景

夕方帰宅時18時4分松川鉄橋を渡る電車。
車内にはもう照明が点いている。
電車2

消防演習!
4月27日(日) 天気:曇り

あの暖かい春の陽気はどこに行ったのだろうか・・・
ここ数日は肌寒い日が続いている。
そんな中浦佐地区では春の消防演習が行われた。

場所は大和庁舎駐車場。

消防団は災害や火災の時の出動と地区住民に対する防災の啓蒙活動などが主な役割。
また若い人たちのコミュニケーションの場でもあり、消防団に入ることでそれぞれ顔見知りになり地域に溶け込むきっかけにもなる。
消防

整列し分団名・人数を大きな声で団長に報告する。
消防4

きびきびとした動きで演習が行われている。
後方に見える高架は上越新幹線。
消防5

高架下の道路沿いに花が咲いていた。
花2

午後2時から「裸押合い大祭記録保存実行委員会」主催の講演会が開催された。
大勢の皆さんの参加を得る。
講演

今日の講演内容はこちら・・
講演5

豊富な写真を使いパワーポイントで説明を受ける。
現幹部団長から次期幹部団長へ団旗の引継ぎ。
押合い3

名誉ある法被の引継ぎ。 
押合い4

賄い方など裏で祭りを支えてくれた人達に撒与する。
押合い5

伝統ある浦佐の多聞青年団は、組織・活動・構成員などから全国でも誇れる団体である。
成人式を迎えると青年団に加入する資格を得て満30歳のとき幹部となる。

青年団は全くの縦社会であり団則を守り行動する。
詳しくはホームページ浦佐多聞青年団へアクセス。
講演会のあとは総会。
総会

総会後会場を移し庫裏の2階で懇親会。
大祭委員長より挨拶。
コップに注がれたビールを前に姿勢を正し静かに聞いているが・・・?
懇親会

酒が入ればもうこんな状態・・・・
懇親会4

親戚法要
4月26日(土) 天気:曇り

朝方はかなり冷え込んだ。
外の温度計は午前5時半には4℃を指していた。

つい先日には今年最高気温が記録された(小出で27℃)ばかりなのに、この20度以上もいっきに下がると挨拶の中にも思わず“今日は寒いねぇ・・・・”という言葉が出てくる。

この気温の急降下により、今まで暖められていた地温が大気中に放出される「放射冷却現象」が起きる。
耕したばかりの大地から蒸気が上がるように地温が吸い取られていき、遠くがかすんで見える。
この写真ではわかりにくいだろうか・・・?
朝霧

今度は浦佐小学校グランド。
これもわかりにくい・・?
撮影テクニックを勉強しなければ・・!
朝霧3

今日26日は南魚沼市の《環境浄化の日》。
各町内一斉の“春の清掃”の日となっている。
朝6時半から作業開始。
清掃

作業が終えた後は、ブログ用の写真ネタを探しに車で回ってみた。
ちょうど水仙と芝桜の花が満開で思わず撮影。
花2

チューリップも花が開き美しさを競う。
品種改良で花の形も様々なチューリップが多くなってきた。
チューリップ

枝びっしりに花をつけている木を見つける。
花の名前は?
わからない・・
花3

分離帯に咲く黄色い水仙から新幹線浦佐駅東口を見る。
今午前7時半。霧が晴れて青空になってきた。
水仙2

11時から親戚の法事でお寺へ・・・・
法要

本堂の格天井から吊るされているきらびやかな天蓋。
天蓋2

読経を終え御住職様から“講話”を聞く・・・
法要3

法要を終えこれからお斎の会場である「田中屋」へ行くところ。
いつも今日はあまり飲まないようにしようと思うのだが一杯飲み始めるとすっかり忘れる・・・・
法要7

桜散りはじめる・・
4月25日(金) 天気:雨のち曇り

雨が降り霧がかかる。
気温も下がり今日の春雨は冷たく感じる。

霧が山肌にかかり木々の葉を濡らす。
霧

春の小川も今日は冷たい。
風景2

風に吹かれて散った花びらが、地に落ちてまでも素敵な造形を見せてくれる。
花びら2

散る桜もあれば、これから咲こうとする桜もある。
まだつぼみの状態だ。
今日の雨で咲くのがまた延びる。
つぼみ

新緑の木々の葉と桜のコントラストが美しい・・・
桜5

奇妙に延びている枝ぶりを見ていると、不思議な世界に入っていくようだ・・・・
正面遠くは残雪の岩原スキー場・・・
桜7

水芭蕉の花が・・・
4月24日(木) 天気:雨

一日雨の降る日となり少し気温は下がっているのだろうが、家を出るときはそんなに寒さは感じられない。

湯沢に着くと、やはりこちらは寒い。
風も強く雪の残る田んぼの水が波を打っている。
田

木々も新緑の季節を迎え山も少しづつ色がついてきた。
その中にあって桜の花が際立つ。
景色2

雨の日は撮影ポイントに苦労するが、ここは観光地湯沢。
場所には事欠かない。

雨の日でこの季節となれば『水芭蕉』しかない。
尾瀬まで行かなくともすぐ身近で『水芭蕉』を観賞できる。
みずばしょう

雨に濡れて可憐な花をつけている。
みずばしょう4

湯沢の桜
4月23日(水) 天気:晴れ

昨日は東京へ宿泊。
9時44分発の「谷川」で湯沢に到着。
そのまま勤務先へ・・・

今日の湯沢は暑い・・
なんだか今年の最高気温を記録したとか、25度を超える温度だった。

湯沢は今が桜満開の時・・・・
桜3

中央公園のしだれ柳越しに池を望む。
桜5

桜の並木は壮観だ・・・・!
桜7

湯沢の桜は浦佐より少し遅れて咲くので長い期間花を楽しめる。
桜8

本社出張
4月22日(火) 天気:晴れ

早朝の満月がくっきりと浮かび上がっている。
徐々に西山の山端に落ちていくところ・・・
右下は浦佐スキー場。
月

満開の桜の葉かげから見る月も風流だ。
太陽ではなく午前5時過ぎの月。
月4

出勤途中の石打地区にあるレンギョウの大木が満開を迎えている。
桜

今日午後からは東京の本社出張。
午後1時8分発「谷川」にて湯沢出発。

買い物を予定していたため有楽町の「ビッグカメラ」に寄る。
この建物は以前は、そごうデパート東京店だったところ。
あのフランク永井が歌って大ヒットした「有楽町で逢いましょう」の舞台になった場所である。

この歌は、そごうデパート(本社は大阪)の東京進出したときのコマーシャルソングだったことはご存知だろうか・・・
当時2階が喫茶室となっており店内からはガラス越しに写真の右側には有楽町駅のホームも見え、左側には日比谷に行く大きな通りを行き交う人が見えていたのだと思う・・・・
そごうデパートが一番上り調子の時だった。
ビッグカメラ

この歌が映画にもなりその中のシーンの一つに、フランク永井が「有楽町で逢いましょう」を歌いながら降りてくるらせん階段がまだ残っていた。
階段

買い物を済ませ、今日とまるホテルへ行く途中で靴を磨いてもらう。
600円也。
靴磨き

今日とまるホテルはここ。
本社が日本橋にあるため近くのホテルを予約しておいた。
ホテル

本社に行く途中ちょっと散策。
魚市場が築地に移る前は、日本橋の川べりが魚河岸となっていた。
その記念碑が日本橋のたもとにあった。
江戸時代東映の映画に出てくる一心太助が活躍していたのもこの日本橋の魚河岸である。
魚河岸

この川べり一帯が魚河岸だったところ。
今はその面影は全く残っていない。
魚河岸2

日本橋が道路の基点。
その元標。
日本橋2

三越デパート裏には総裁を誰にするかでもめた日銀本店がある。
日銀2

本社のすぐ近くに「宝田恵比寿神社」があり出張の際はいつもお参りしている。
400年の歴史を誇るべったら市で有名。
神社

午後6時から会議が始まる。
まだ誰も見えていない。
会議

実は会議が終わったのが22時半。
疲れた・・・
ちょっと飲んでからホテルへ行こう・・・・。

桜満開
4月21日(月) 天気:晴れ

朝から青空の広がる快晴の一日となる。
あちこちで桜が満開だ!
新緑の芽吹きが始まったばかりの中で、満開の桜の木が風景の中に浮かび上がっている。
桜2

桜の木の多さにいまさらながら気づく。
桜3

桜はどんな場所にあっても一つの風景を造ってくれる。
桜5

コブシの花が散りだして、桜の花へバトンタッチ。
桜が満開を迎えた後は大ケヤキの新緑の時期になる。
桜6

里の田んぼの農作業はこれから始まる。
里景色

夕方6時10分、大きい綿のような雲がこの山だけにかかっていた。
雲

美味しい一日・・!
4月20日(日) 天気:曇りのち晴れ

朝からの曇りの天気も10時過ぎから回復し晴れてきた。
今日は休日で天気も良いし畑作業をしなければ・・・・!

そんな予定を立てていた朝一番春の恵みの山菜が届いた。
“タラの芽”“木の芽”“こごめ”“フキノトウ”
山菜

畑の仕事を終えたあと、お酒と一緒にいただこう。
夕方の山菜料理が楽しみだ・・!

畑作業に入るまえにまず腹ごしらえ。
そこでちょっと早いお昼を食べにラーメン店「たんぽぽ」へ。

ここは高校の同級生のH野さんがやっているお店で、「スバル書店」を経営していたがラーメン好きが高じて店を開いたもの。
書店は今も営業している。
ラーメンに関し独自のポリシーを持っており、流行に左右されることなく自分の納得する味を守っている店でもある。
ラーメン3

各メディアにも採り上げられていて今回も「WeeK」の4/18日号に載っていた。
ラーメン

1日15食しか出せないという貴重な一品“アユの焼き干しラーメン”が紹介されていた。
ラーメン2

今流行の背脂(ラード)をふりかけた濃い目の味と異なり、「鮎のダシ」を引き立てるためか薄味に仕上がっている。
今までの濃い目の醤油味に慣れているせいか最初は物足りないかなと感じたが、そのうち鮎を焼いた香ばしい香りとダシの味が口の中に広がりそれぞれの素材が感じられる1品となっていた。
ラーメン4

畑に戻り作業開始。
一昨年植えていた球根も育ち花も元気に咲くようになった。
花2

草取りや壁土を畑一面に撒く仕事に午後からの暑さで疲労が増す。
作業後のビールが楽しみだ・・・

4時過ぎに作業を終了。
疲れた・・!

風呂に入り汗を流し、冷蔵庫を開けまずビール・・・。
今日はビールだけではおさまらない。
以前取り寄せていたお酒をいただく・・・

最近の国立大学も様子が変わってきた。
生き残りをかけ大学ブランド売り出しに懸命のようだ・・。
味はさらっとしていて飲み口が良い。
冷やでぐいぐい飲める・・・・

タラの芽のてんぷらを塩をふりかけ食べる。
抹茶塩ならもっと美味しいのだが・・・
それにしても絶品だ・・・!
酒2

ちょうどタイミングよくBSデジタルで「ワイルドワンズ・In武道館」を放送中・・
昔、東洋一の海水プールで売り出していた「船橋ヘルスセンター」の砂浜にあるステージで演奏し、よく見に行ったことを思い出す。
今その跡地は「東京ディズニーランド」となっている。
ワイルドワンズ3

青春時代を思い出す・・・・。
今当時のメンバーで現役でやっているグループはワイルドワンズだけではないだろうか・・・?
ワイルドワンズ2

ドラム担当の植田さんは、大学時代の同級生で学内でよく見かけた。
当時すでに売れっ子で上下レザーの黒のスーツで登校し車も赤いスポーツカーに乗っていたと記憶している。
ワイルドワンズ

突然加山雄三がゲストで登場・・・
ワイルドワンズ4

映像を見ながら酒のピッチが上がる。
ワイルドワンズ7

フィナーレは100人が弾くエレキギターで会場は最高潮に・・・・
テレビ前の自分も最高潮になりろれつが回らなくなってきた・・・
ワイルドワンズ8

素晴らしい一日をありがとう・・・!
桜咲く里
4月19日(土) 天気:曇り

南魚沼は今桜満開の時を迎えている。
温暖化のせいか少しづつ咲く時期が早くなっているのだろうか?
昔はこの辺では5月のゴールデンウィーク頃が満開を迎えていたような気もするが・・・・?

通勤途上桜の白・ピンク・紅の色が景色の中から浮かび上がって見える。
新緑には早いこの時期、枯れた風景にひときわ異彩を放っている。

魚野川のほとりに桜並木が続いている。
桜並木4

堤防側から桜を見る。
ウォーキングやジョギング・サイクリングに絶好の場所だ・・・!
桜並木2

もうじき水が張られ田植えが始まる。
苗が成長していくところから刈り取りまで田んぼの景色が刻々と変化していく・・・。
広大な田んぼが里の風景を保っているんだなあ・・・!
風景

川原に立つ木々が芽吹き新緑に染まる。
その中に満開の桜の花がひときわ映える。
風景2

さくら・サクラ・桜
4月18日(金) 天気:曇り・小雨・晴れ

早朝には生暖かい南風が吹いていたがその後小雨とな.る。
その雨も冷たくはなく身体に心地よい。
これが“春雨”というのだろうか?

天気も徐々に回復してきたので“毘沙門の里”を散策。
この里もようやく桜が満開の時を迎えている。
景色

人家の石垣にレンギョウと水仙の花が咲いていた。
レンギョウ

西浦から裏の道を通り菅有沢へ・・・・
堰堤により土砂がどんどん堆積し以前のような沢の面影は残っていないが、清らかな水の流れだけが昔を偲ばせる・・・・
すがり沢4

沢のほとりに野の花が咲いていた。
よく見かけるが名前を知らない。
花

今度図鑑で調べてみよう。
花3

菅有沢からお寺の裏手に登り三山を写す。
お寺6

千手院の六地蔵も満開の桜の下で春を楽しんでいる。
千手院

本堂の庭の桜が今満開を迎えている。
右手に普光寺山門が見える。
千手院4

千手院本堂と満開の桜。
千手院3

大和病院に向かう途中窓辺にじっとしている物がこちらを見ている。
全然動かないのでネコの置物か・・・・・?と思い写す。
ネコ

アップしてよく見ると本物でした。
ガラス越しに春の陽を浴び気持ちよさそうだ・・・。
ネコ2

時おり強い風が吹き大気中の汚れ、埃を取り去ってくれる。
そのおかげで、白い雲と雲間から見える青空、雄姿を見せてくれる残雪の三山が鮮明だ。
桜2

空に映える桜。
桜

多聞橋から見る魚野川も増水している。
雲を見ると右の空から雨雲が押してきているようだ。
左右の雲がせめぎあっている。
魚野川

気づき・・・!
4月17日(木) 天気:曇り

冬から春へ・・・・・春から新緑の季節へ・・・・・・!
通勤途上の風景も少しづつ変わっていく。

何年も通っている道なのに気づこうとしなければ何も見えてこない。
毎日新しい発見をするわけではないが、時々感動するような事象に出合うことがある。

何も変わらないように見える日常も気づくか、気づかないとでは心のありようも少し違ってくる。

桜がいよいよ咲き出した。
レンギョウは今満開のとき・・・(石打・赤坂付近)
景色2

護岸で固められている川が増え、このような自然の川が失われていっている・・・。
ヨシが枯れて堆積している上を歩き川べりまで降りる。
堆積している部分はかなり硬くなっていて大丈夫。
景色5

流れのハナ先まで行くのにどこが危険で、どこが安全か?おのずと考えなければならない。
危ない!危険!だけで遠ざけていると考える力を削ぐことになる。
箱庭のように安全な場所のなかにいる人間とそうでない人間とどちらが良いのだろうか?

いや、今の人間は自然の中での危険より日常的にはもっと危ない目に遭っている。
それは交通事故に遭う確率と起こす確率だ。
そのほうがずっと怖い・・・。
景色7

ヨシを踏みしめながら歩いていると“こごめ”が芽を出していた。
“ふきのとう”に次ぐ春の恵み・・・・
写真に収めた後ありがたく収穫する。
コゴメ2

飛行機雲
4月16日(水) 天気:晴れのちうす曇り

朝方は晴れの良い天気だったが、午後後半から少し花曇りの日となる。
予報では明日以降天気が西から崩れてくるとの事。

朝日が昇る前のデモンストレーションか・・・・・?
朝焼けの空から飛行機雲が一直線に描かれていく。

どこの会社の飛行機かわからないが、機長も粋なことをしてくれる。
思いがけない景色を見せてもらった。
朝日

すがすがしい朝、家の前の電線で鳥たちも嬉しそうにさえずっている。
スズメでもなくツバメでもない。
声からすると百舌・・?よくわからないが夫婦なのは間違いない・・。
鳥

湯沢では春耕はこれから。
景色

午後6時の月、周りはまだ明るい。
月

この形の月齢はどれくらいなのだろうか・・?
月2

春耕始まる!
4月15日(火) 天気:晴れ

昨日の雨を引きずっていたのか、全国的に今日は朝から晴れの日ということだったが朝方は曇りの天気。
予報と違っていると思っていたら9時過ぎからは晴れてきた。
その後は暑いくらいの日差しとなり予定していた畑仕事に取り掛かる。

今日は先日「管理機」を購入した引渡しの日だ!
9時半に軽トラに乗せられて「管理機」がやってきた。
畑に降ろし始動前に撮影。
横から!
管理機

正面から!
管理機2

これが無いと今は畑仕事も出来ない。

今年は隣の家が新築するという事で、古い家(100年前の家)を壊したとき土壁が大量に出てきたため、処分先として畑に入れてもらうことにした。
その土壁が畑に入った。
100年前の土が再利用され今蘇る。

最近は土壁の家を造る人は少なくなっただろうが大変な労力と手間を要する作業だ。
山から土を運んでくるだけでも大変なのに・・・!
壁土(←クリック)
土壁2

先人の労を思いありがたく利用させてもらいます。

さて、いよいよ作業開始。
石灰を撒き準備。
畑

機械の調子も絶好調、だいぶはかどった。
畑2

天気は最高!
ちょっと休憩しカメラを持って散策。

魚沼の里にもようやく花の季節到来。
浦佐駅前の記念樹が花をつけていた。
木蓮2

祓川の道は水仙街道となっている。
花咲く通り

昔の名残が残っている路地に入る。
路地2

レンギョウが満開!
レンギョウ3

たくさんの蜂が集まり蜜を吸っていた。
レンギョウ2

そばには椿の木が赤い花をたくさんつけている。
椿2

真紅の花が春の陽に映えて美しく、色といい香りといい魅了されてしまうほどだ・・・・!
椿

ツバメも飛び交い巣作りに懸命だ。春なんだなぁ・・・・・!
ツバメ

カメラ片手の町なか散策は気持ちをリラックスさせてくれる。

午後4時半畑作業終了。
気持ちのいい汗をかいた。
楽しみは風呂上りのビール、今日はちょっと贅沢をしよう・・・・!

自然の川
4月14日(月) 天気:雨

空を雲が覆い肌寒い一日となった。
雪が残っているところからは大気中の気温が低いからなのか、温度を吸い取られるように蒸気が上がっていた。
景色

昔からの手付かずの自然の川がまだ残っている。
林の中を抜けて流れてきており、その流れが雪のトンネルに入っていく。
川4

トンネルを抜けた10メートル下流を撮影。
川

岸を笹薮が覆い蛇行しながら流れていく。
川3

U字溝やコンクリートで護岸を固めた人工的な川が多い中、ドジョウ・タニシ・小魚・トンボの幼虫などが住める川がどんどん無くなっている。

クロッカスの花
4月13日(日) 天気:晴れのち曇りから小雨

朝のうち晴れていたが夕方には小雨となる。

晴れの時間を見計らって畑に入り、マルチを剥いだり木の枝などを片付け管理機で耕しやすくする。
畑の隅に一昨年植え込んだクロッカスの球根が大きく育ちきれいな花をつけていた。
クロッカス

雪消えの後一番早く咲く花で10センチに満たない愛らしい花だ!
今年は球根を増やしクロッカスの群生にしてみよう・・・・。
クロッカス5

夜7時からは町内の常会の集まりで出席。
前年度決算・行事結果報告と本年度予算案と行事予定の承認を得て1年の町内行事がスタートする。
今年は隣組長という事で何かと忙しくなる。
常会2

農機具展示会!
4月12日(土) 天気:小雨のち曇り

4月も半ばになり畑の雪も消え、いよいよ春耕の時期がやってきた。

その準備として、いままで使用していた「管理機」も古くなってきたので買い替えを考えてみようと農機具の展示会へ足を運んだ。
農作業で使用する機械がたくさん展示されている。

管理機の中でも最高の馬力と耕運幅である一番手前の機械を今回購入する。
展示会

大型機械もたくさん並んでいた。
展示会4

実演を見学したり担当者の説明を聞いたりし、思いきって1台契約をした。
今年は、ニュー管理機で畑作業に力が入る。

来場者に“手打ちそば”のサービスが行われていた。
そばの実演もあり工程をカメラに収める。

練ることでコシが強くなる。
そば打ち

これが菊練り。
菊の紋様に似ている。
そば打ち3

練れたところで“へそ出し”状態を作る。
中心部がへそのように突き出している。
そば打ち5

中の空気を出すように押しつぶし平板にしていく。
そば打ち6

のし棒で“のす”作業が始まった。
そば打ち7

のし棒に巻きつかせるように丸め・・・・
そば打ち10

そして広げる・・・・
そば打ち13

途中でそば粉をうつ・・・・・
そば打ち18

この状態にしてこれからそば切りだ・・・・
そば打ち21

同じリズムで切っていく・・・・
そば打ち22

それを並べる・・・・
そば打ち23

そばをほぐして・・・・
そば打ち20

大なべに入れて茹でる・・・・
そば打ち19

器に入れて出来上がり・・・・
そば打ち25

とても美味しかったので原則1杯だそうだが、ついおかわりする・・・!

霧に煙る里
4月11日(金) 天気:雨

霧が山を覆い里にかかる。
このマンションの周辺も霧の中・・・。
昨日からの雨で増水し水の勢いがすごい・・・!
川8

川の流れが岩を削っていく。
川4

じっと見ていると体が引き寄せられるようだ。
川10

湯沢の自然は懐が深い。
マンションの周辺も景観良好。
この渓谷のような景色も道路から1歩降りるだけで出会える。
川3

静かな一日!
4月10日(木) 天気:曇りのち雨

何事もなく過ぎる静かな一日・・。
これは結構ありがたいことかも・・・。

湯沢では梅が咲き、桜の蕾も膨らんできている。
梅

皆西側を向き立っているM川地区の庚申塔群。
ここだけは雪消えが早い。
碑

営業を終えたスキー場にはリフトがまだ掛けられていた。
スキー場2

山からの雪解け水が滝となって落ちてきている。
滝2

こちらは少し規模が大きく滝壺が2つある。
新緑や紅葉の時はどんなだろう・・?
滝3

新清水トンネル
4月9日(水) 天気:晴れ

新潟市や上越高田では桜が満開!
観桜会が盛んのようだ。
比較的近い長岡市でもかなり咲いていたそうだ。

魚沼地方はまだ雪の中・・・・。

その雪の風景を求めてまたトンネルへきてしまった。

水上発の電車がくるころだ。
トンネルを出るとすぐ鉄橋になっている。
新清水トンネル

水上発8:19の電車がトンネルを抜け顔を出した。
新清水トンネル3

新清水トンネル4

新緑のころの景色が待ち遠しいい。
新清水トンネル5

新清水トンネル6

運転手と乗客がこちらをみていた。
新清水トンネル7

手前が下り専用、奥が上り専用の各鉄橋。
上越線

新清水トンネルは全長13,490m。
戦後の高度経済成長と共に輸送量の増加に対応し複線化となったもの。
1963(昭和38年)着工、1967年(昭和42年)開通。
猿と遭遇・・・!
4月8日(火) 天気:曇り

関東地方は大雨と強風の荒れた天候となっているが、こちらは花曇のようなちょっとはっきりしない一日となった。

湯沢の奥地を探訪・・・。
雪解けで水量が増してきている。
風景4

滝から落ちる水の音が山々に響きわたる・・・・。
風景5

さらに奥に行き木々の間になにか動く物体を発見・・・!
猿だ・・・・!
急いでカメラを用意・・
猿

こちらを伺いながら逃げようとしている。
猿3

仲間がいるようだ。
2頭か・・・?
猿6

ちょっとズームしてみる。
間違いない2頭がこちらを見ている。
猿5

カメラを最高にズーム。
かなり警戒し怒っているようだ。
猿4

まだ木々に葉が繁っていないため見通しが良く動物も発見しやすい。
丁度良いチャンスだった。

朝日礼賛!
4月7日(月) 天気:晴れ

早朝の気温は0℃。
雪解けで流れてきた水が凍っている。
日陰のところは気をつけて歩かないと危険だ!
凍結

空がきれいだ。
もうすぐ朝日が昇る。
朝日16

今日も良い天気になりそうだ。
陽の光が空を反射させている。
日の出が近い・・・!
朝日15

もうちょっと・・・!
朝日6

おっ・・・!顔を覗かせてきた。
黄金色に染まっている。
神々しい景色に思わず合掌!
朝日17

スライドショー的に太陽が動いていく。
朝日18

空の色が美しい・・!
毎日毎日地球の都合に関係なく規則正しく陽が昇り陽が沈んでいく。
これが、1日でも太陽の都合でストップしたら人類はいとも簡単に全滅する。
朝日21

こんな素晴らしい風景の中で暮らしている事に“感謝”・・・。
朝日12

春爛漫・・・!
4月6日(日) 天気:晴れ

天気晴朗なりて春爛漫!

今日でこのスキー場がクローズする。
昨日に引き続き感謝デー・・・・
バーベキュー大会が開かれていた。
バーベキュー5

スキーを滑ってきて食べる、飲む。
そしてまた滑る。
春スキー万歳・・・!
バーベキュー7

最高の天気だ。
ランニング姿でも暑い・・!
バーベキュー4

天気も良く雪解けもどんどん進んでいる。
ようやく「あそこ」に行けると思い実行。

川端康成氏の小説“雪国”の冒頭にある「国境の長いトンネルを抜けると雪国だった・・・・」で有名な清水トンネルに行ってきた。

新清水トンネル(下り専用)
トンネル

清水トンネル(上り専用)
トンネル2

川端氏が湯沢を訪れたのは清水トンネルが開通したばかりの頃で、トンネルを抜けたのはまさしくこの場所である。
トンネルを出た後はじめに汽車が停車する「信号場」は今の「土樽駅」。
トンネルのすぐのところにある。
トンネル3

手前が清水トンネル、奥が新清水トンネル。
併行して通っている。
トンネル4

マンションの窓からも県境の山が良く見える。
窓

帰る途中(午後5時20分頃)に見る山も美しい!
景色

午後7時からは、近くのT中屋さんでH町区の新旧役員の引き継ぎ会に出席。
今年は隣組長の番が来た。
引継ぎ

美味しい料理とお酒をいただく。

甘エビが最高・・・・!
田中屋

シーフードの入ったサラダがまたヘルシー・・・!
“メタボリック”な身体に効く・・・。
田中屋3

誘われるまま二次会に・・・・。
須田や

正直かなり飲みすぎた・・。
春スキー!
4月5日(土) 天気:晴れ

あったか~い・・・!
いや暑いくらいだ!

春陽気満開の日となった。

雪解けの水もぬるんでいる。
近くでは、釣り糸を垂らしている人もいた。
春の川3

水の流れも勢いがあり、今日の暑さで手を入れてみたくなる。
春の川2

このスキー場は明日(6日)でクローズする。
感謝の意味を込め“餅つきと豚汁”のサービスがこれから始まるそうだ。
春スキー

シーズン最後のスキーを皆楽しんでいる。
顔もかなり日焼けしている。
春すきー3

ジュニアスキーチームも最後のポール練習をやっていた。
春スキー3

帰る途中、西の空が少し茜色している。
空も雲も、もう冬の空では無い。
夕景色

魚沼の里、雪解けの春!
4月4日(金) 天気:晴れ

早朝5時、三山が浮かび上がってきた。
月がぽつんと小さく見える。
左側は多聞橋の街灯。
三山6

空が白んできた。
三山5

稜線が美しい・・・!
三山

月をアップ。
三山4


今日は風が少し強く吹く時もあったが、春の陽射しいっぱいの一日となった。
六日町で用を済ませて帰る途中不思議な看板を見つけた。
看板

どういうお店なのだろうか?
表示されているとおり、ひたすら600m直進することに・・・・。

途中田んぼの雪消しをしていたおじいちゃんに会い少しおしゃべり。
89歳になったと言う。
毎日少しづつ1ヶ月かけて田んぼの雪を消してきたそうだ。
苗代づくりをするためだ。
田んぼ

隣の田んぼはまだ雪で覆われているが、おじいちゃんが消したところは雪が少ししか無い。

この看板は下の写真の道路のコーナーに設置してあった。
車が見えるところの左側。
春景色

到着した。
普通の住宅だ!
店のようにショーウインドウもなく、看板が出ていたのでわかったがそうでなければ通り過ぎてしまう。
家

いったい中はどんな風になっているんだろうか?

子供が焼菓子を作っているのだろうか・・・・?
子供の形をした焼菓子なのだろうか・・・・・?
まさか子供を焼いているのでもないだろうが・・・?

中に入る勇気もなく裏に回ってみる。
蔵もあり屋敷も広い。
のどかな場所である。
春景色3

どんなお店かわ後日確認してみよう。

帰る途中広大な魚沼の春景色を写真に収める。
景色9

雪が残っていてもこの風景は春の風景だ!
景色7

午後4時から決算報告の監査がある。

お寺に行く途中西浦で水仙が咲いていたのを見つける。
早咲きの水仙か、日当たりが良いのかかなり咲いていた。
水仙3

雪割り草も可憐の花を咲かせていた。
雪割草

境内には雪がまだ残っている。
葬式があるのか花輪が飾ってあった。

A委員長とH賀監査役に来ていただき「裸押合い大祭決算書」の監査を受ける。
お寺

監査終了後“大門寿多家”で一杯。
須田や

家に来たら近所のK新さんに会い、今飲んできたばっかりだったが勢いがついてしまい、“Mよしや”さんへ・・・・。
まつよしや


ガソリンの値段
4月3日(木) 天気:曇り時々晴れのち雨

またまたガソリンの話題を・・・。

出勤時、車のガソリンメーターを見ると“E”の近くまで針がきていた。
給油をしなければ・・・・。

午前7:30
いつも利用しているY和興産のスタンドで給油。
店を開けたばかりで1番乗り。
大和興産

仕事をしている社長に聞いてみる。
「値段はいつ頃から下がるんですか・・・・?」

社長 : 「在庫があって赤字になるけど今日から引き下げするよ・・・」との返事。
ラッキー!
今日最初の給油で値下げ1番乗りだ。
価格を見た・・・・・すごく安い・・・!

他はどうなっているのだろうか・・?と思いながら湯沢に向かう。

慌てて価格表示をしたようだ・・9という数字がきっちり納まっていない。
もうちょっと上に上がれば128円になるのだが。
ガソリン

次のスタンド(六日町)
なんとまだ149円、強気だ!
ガソリン2

塩沢のセルフ式スタンド。
セルフだけに少し安くなっている。
ガソリン3

塩沢のスタンド。
ガソリン6

同じく塩沢。この辺が価格の上限か?
ガソリン5

湯沢のスタンドでは、いま価格の入れ替え作業中。
ガソリン7

隣のスタンドはやはり1円安くなっている。
ガソリン8


Y和興産はこれよりも安かった。

懐かしき新潟!
4月2日(水) 天気:晴れ

昨日の荒れた天気と打って変わって今日は晴れ。

1日からは各官庁・企業などでは、新入社員が配属されたり、異動等で一緒に働く顔ぶれも変わったりで社内は新鮮な雰囲気に包まれているのではないだろうか?

私も以前は転勤族だったので良くわかる。
まったく違う土地での仕事に不安を覚えたこともあったが、転勤は新たな人との出会いも含め新しい気持ちで再スタートできる良い機会でもあった。

午前9時に大和庁舎で“毘沙門通り懇談会”の町づくりのこれからの活動方針などを打ち合わせ。

昨年はワークショップを行う中で町づくりへの提案や毘沙門様に対する想いなどが語られ、1年目としてはそれなりの成果を得たのではないかと思っていて、今年はそれらを目に見える形で実践していく年だと感じている。

打ち合わせの話の中で、市民センターのSさんより午後復興基金の内容確認や書類提出で県庁に行くので一緒に行かないかとの誘いを受け、今日は特別用事があるわけでもないのでOKの返事をする。

春の陽気の中高速に乗り車を飛ばす。
小千谷サービスエリアを過ぎ長岡技科大のあたりに来ると田んぼの雪はもうなくなっていた。

高速を降り県庁に向かう途中桜の木を見たがまだ開花には早いようだ。
ただ、梅の花が家々の庭に咲いていた。
梅


しかし、ガソリン暫定税率廃止後2日目、さすが新潟!税率廃止が即日価格に反映し各スタンドで価格引き下げの花は満開だった。

安い!128円になっている。
これは平均価格並みか?それにしても128円とはありがたい。
ガソリン

県庁に到着。
県庁

用事を済ませ、来たついでに18階展望フロアへ・・・・・。
眼下の信濃川にかかる橋を渡ると関屋、松林が続いている向こうは日本海。
県庁2

ウォーターシャトルが走行していた。
県庁裏の船着場に立ち寄るところ。
ウォーターシャトル

帰りにちょっと寄り道。
関屋浜から寄居浜への海岸沿いを走る。
途中、カラスとカモメと鳩が仲良く共存しているのに遭遇。
鳥4

撮影していると突然鳩がカメラめがけて向かってきた。
危ない!
とっさに、身体をよけた。
この辺の鳩は強暴だ!
鳥

危険を感じたのでその場所を早々に立ち去り帰りの途に・・・・・。

学校町通りに来たら知り合いの店を思い出し、まだ営業をしているのかなと思いながら車の中から見ると、昔のままのたたずまいで暖簾が出ていたので十数年ぶりに寄ってみた。
“ラーメン亭にしやま”である。
ラーメン

マスターとは良く古町に飲みに出歩いたことがあった。
飲んだ帰りは家に帰らずこの店によく泊まったことがあり、若い頃の懐かしい思い出でもある。

店を出して20年になると言う。
もうあれから20年も経つのか・・・・・・!

ラーメンブームの前から話題の店だった。
道路を挟んで向かいに新潟商業高校があり、裏通りには新潟高校があるという文字通りの「学校町通り」の立地にオープン。
昼は学生割引などで生徒たちにすごく人気のある店で、夜は会社員や飲んだ帰りに立ち寄る店として混雑をしていた。

もちろんラーメン激戦区の新潟でも必ず紹介される店である。
豚骨、鶏がらベースの煮干の効いた醤油味のスープに豚の背油をかけたラーメンで、背油と太麺の組み合わせが良い。
またやわらかいチャーシュウと下味のしっかりついたメンマが旨さを増幅している。
ラーメン2

マスターは丁度休憩時間という事で店には居なかったが、いつも“かあちゃん”と呼んでいる奥さんには会えた。
美味しいラーメンを食べ懐かしい顔にも会えたのでようやく帰る事に・・・・。

帰りの高速に乗る前のGSの価格を見たら、なんと121円の表示が・・・・!
ガソリン3

この値段は全国のガソリン価格から見てもかなり安いほうではないだろうか?
本当か?と思いもう一度確認!
ガソリン2

間違いない!
かなりの台数の車が入ってきていた。

今日の突然の新潟行きは良かった。

春の雪!
4月1日(火) 天気:雷と雪

今日から年度替わり、爽やかに春の陽光を浴びながら新たな気持ちでスタートという思いを打ち消すかのように、朝から雷が鳴り雪が降り風を伴う荒れたスタートとなった。

道路の圧雪状況からタイヤ交換をしていなくて良かった。
雪3

そう思って走っていたら、スリップしたのか軽トラが道路脇に乗り上げていた。
もう少し手前にはまったら冷たい水の中でどうなっていたかわからない。
雪2

除雪車が出動していた。
雪4



プロフィール

tamonkun

Author:tamonkun
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

今日のニュース

天気予報

ヘルシーレシピ

占い

カテゴリー

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。