毘沙門の風よ吹け!
毘沙門の里つれづれ日記
06 | 2008/07 | 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜘蛛
7月30日(水) 天気:曇り・晴れ

以前からこの蜘蛛が糸を張り獲物を狙っていたのは確認していた・・・

しかし獲物はなかなかかからない・・

じっと我慢の日が続く・・・

今日、ようやく自分の体より大きい虫が捕らえられ格闘の末、ついに虫が力尽きてしまったようだ・・・

蜘蛛4
湯沢駅ホーム・・・

下りの普通列車長岡行きとほくほく線の特急はくたか金沢行きが揃って出発を待っている・・・

ここはJR東日本管轄であるが、この特急はくたかの車体にはJR・WESTJAPANと表示されていて西日本所有の車両であることを初めて知った・・・

駅2
塩沢の南田中付近より上越国際スキー場を望む・・

上国3
同じ場所の東側を見ると、枝打ちされた杉の木が、夏の空に向かって突き出している・・

杉
スポンサーサイト
二居宿

7月29日(火) 天気:晴れ

今の時期は、大気が不安定のせいか雨が局地的に降る・・・

六日町はすごい雨なのに浦佐では降っていない・・なんてことがある。

今日の朝はそんな天気だった・・

出勤途中のFMラジオでは、さっきまでは六日町はすごい雨が降っていたと伝えている・・

確かに路面がかなり濡れていた・・

しかし雨もすぐ上がり現在の空は下の写真のよう・・・

ヤマト運輸六日町営業所駐車場より五十沢方面・・

景色
今日は標高800メートルの位置にある船ヶ沢トンネル・二居トンネルを抜けて二居宿へ・・・

写真の建物は二居宿にある“宿場の湯”・・・

景色2
この辺は送電線の巣窟だ・・・

山から山へ尾根に沿うような形で送電線の鉄塔が立ち、
線が張り巡らされている・・・

送電線
すぐ近くに奥清津発電所(OKKY・オッキイ)があるためでもある・・

送電線2
田代ロープウェー山麓駅(標高806m)から奥清津発電所に渡る橋から20メートル近く下を流れる渓谷の水は清らかで冷たそう・・・

沢
今日の夜は湯沢で久しぶりの飲食・・・

ネタ良し・味良しのお店でお酒と料理で満喫・・・

料理
某時刻に某店で某女性と・・・

顔は出さないでという事だったので後ろから・・・

話も弾み酒もススム・・・

店2


猛暑一服
7月28日(月) 天気:曇り・雨

ここのところ雨が降った日が続いたせいで涼しくなり身体がほんとに楽だ・・・

よそでは猛暑のところもあり39度を記録しているとテレビで放送されていた・・

聞いただけで疲労を感じる・・・

午前4時45分ごろ多聞橋より六日町方面・・・

どんよりしたくもが一面覆っているが、湯沢あたりで雲が切れているようだ・・・

朝2
その湯沢も雲が多くなってきた・・

岩原スキー場から中里地区を望む・・・

右側には蛇行しながら関越高速道が伸びている・・

山の方が東京方面・・

中里
そのスキー場のリフト下では、合宿中の学生が走り込みをしていた・・

上のほうへ駆け上がっていく・・

これを何回繰り返すのか、かなりきつい練習だ・・

スキー場
マンション近くにある魚野川の上流部・・・

大きな岩や石があり水遊び場としては最適の場所・・・

道路にはマイクロバスが止まっていて、宿泊している生徒達をここまで連れてきている・・・

夏休みは始まったばかり、これから本番・・・

でも今日の天気では寒そうに見える・・

川
大きな岩から水の中に勢いをつけて飛び降りる・・

飛び込み9
最初は恐怖心もあり恐いけれど慣れてくると俄然面白くなる・・・

水に落ちるまでを写してみる・・・

飛び込み6
着水の瞬間・・・

飛び込み10
姉弟できている・・

お姉ちゃんも飛び込む・・

両親は川原でバーベキュー・・・

飛び込み3
夕立後の最高のショー
7月27日(日) 天気:晴れ午後より雷・夕立

早朝の空は雲に覆われており、まだ今日の天気の予測は難しい・・・

夏は大気が不安定になるため天気が急激に変わることがある・・

魚野川の川面に少し霧がかかってきた・・

多聞橋2
午前中ジャガイモ掘りで汗をびっしょりかいた後、夏の味覚であるアユでも食べようかと“浦佐やな”に向かう・・

途中、今日が日曜のせいかアユ釣りの人たちが結構川に入っている・・

この時間陽射しも強くなり気温も上昇してきた・・・

アユ釣り
やな入口に到着・・

右に曲がり少し林の中を通っていき、坂を下りると“やなの家”・・・

やな7
スノコ状に組んであるところに魚が上がってきてそれを掴むのが“やな”の醍醐味・・・

水しぶきも足にあたり気持ちよい・・

やな2
お客さんも見えていて“やな場”を楽しんでいた・・・

やな3
食事をする場所は解放感ある、川に張り出して作ってある桟敷席(川床?)・・・

川風に吹かれながら、景色を堪能しながら”鮎の塩焼き”を食べる場所・・・

最高だ!

やな5
下を見ると“ニジマス”がたくさん泳いでいる・・・

これもいずれ食べられてしまう運命にある・・・

やな
外の気温は30度以上になっている・・・

しかし、内の囲炉裏のある部屋(魚の焼き場)は、もっとすごい温度となっている・・・

汗ダクダクになりながら焼きに入る・・・

ずらり並んだ串刺しの鮎・・・

鮎
当然炭火焼・・・

赤々と火がおきている・・・

そばによると熱すぎて“火あぶりの刑”を受けているかのようだ・・・

鮎2
鮎を買うつもりだったが、知り合いのK藤さんから、「鮎もいいけど、今ウナギも最高にうまいよ!」と勧められ、生のウナギを見せてくれた・・・

そうか、この「土用の丑の日」に今年はまだウナギを食べていなかった・・・

それに、まるまる太ったウナギを見て即決・・・もちろん純国産ウナギ。

4人前焼いてもらうことにした・・・

ウナギ
焼いてもらったウナギは夜の食事のとき食べることにして持ち帰る・・・

午後2時からはお寺で、毘沙門堂のガイドボランティア養成講座があり出席・・・

2時ちょっと前から雷がなりだし激しい夕立となる・・・

お寺3
講師は湯本高夫さん・・・

私どもが、今後たくさん訪れるであろう観光客など来訪者にきちんと説明できるように毘沙門堂の歴史から宝物の説明など詳しく話された・・

講演2
講演が終わるころは夕立も治まり、ぐんと涼しくなっていた・・・

夕食は家で美味しいウナギを食べた・・・

スーパーに売っているものなど比較にならないほど、身が厚く最高に美味しかった・・・

その後何気なしに外を見たら空が真っ赤に染まっているではないか・・・(午後6時過ぎだったと思う)

すごい!

でもどうしたんだろう?

早速カメラを持ち出し全体が見渡せる場所に直行・・・

すごい!!

ダブルの虹だ!!

そして、八海山の八つ峰・駒ケ岳・中の岳が赤く染まっている・・・

これが、葛飾北斎の描いた“赤富士”と似た光景なのか?

とにかく、すごい!

その場に居合わせないとこの感動はわからない・・・

それを写真で伝えられないのが残念だ・・・

神々しいまでにすごい光景だ・・・

赤駒
越後三山をまたぐように大きな虹がかかっている・・・

赤虹
赤く染まる虹・・

その左に落ち込むところはいちだんと赤みを増している・・・

赤やけ2
感動しながら何枚も写してみるが思うように撮れない・・・

技術が未熟である事を痛感する・・・

せっかくのチャンスを・・

赤やけ3
虹が赤く焼けて見える・・・

夕焼けは西の空から見えるのだが?

東の空が一面赤く染まっている・・・

三山の上を湾曲し虹がかかる・・・

身体が打ち震えるようだ・・・

赤やけ2
写真を撮り終わり帰ろうとした時間の西の空・・・

多聞橋と新幹線の駅を入れて写す・・・

夕焼け2
わずかな時間だったが、素晴らしい夕立後の「」虹のショー」を堪能した・・・

蛙三態・・
7月26日(土) 天気:雨のち曇り

朝方の強い雨で、今まで熱せられていた大地の気温もだいぶ下げられた・・・

身体もだいぶ楽になった・・

その雨で喜んでいるのは人間だけでない・・・

出勤時に立ち寄ったガソリンスタンドの自販機には、雨に誘われたカエルがへばりついていた・・・

蛙2
蛙もこの猛暑では大変だ・・

水の有り難さがわかる・・・

蛙13
元気に移動していく・・・

蛙10

還暦打ち合わせ
7月25日(金) 天気:曇りのち晴れのち雨

ここのところ日中は晴れていても午後4時前後には夕立のように雨が決まって降り、帰るころにはもう止んでいる・・・

癖になっているようだ・・・

東京は本当に暑い・・

駅構内にC-62型蒸気機関車の車輪が飾られていた・・・

東京駅
国鉄創業100年を記念してのいわれが銘板に刻んである・・・

C-62
出張を終え、いったん家まで帰り再度勤務のため湯沢に行く・・・

帰宅途中(午後6時半頃)塩沢の国道から西山(上越国際スキー場方面)を写す・・・

夕立の雨に洗われ緑が一段と映える・・

田
夜7時半同級生数人の集まりがあり、会場であるKよ子さんの家に行く・・

その家の前から、田んぼの中に浮かぶやまと病院を撮影・・・

病院
道路わきには照明に照らされて花が浮かび上がっている・・・

花2
打ち合わせしながら飲む?・・

いや、飲みながら打ち合わせだ・・・

でも、何を打ち合わせしたのか記憶がない・・・

あるのは飲んだ事だけ・・

還暦3
この面々、来年還暦を迎えようとしている・・・

誰が迎えるんだと言いたくなるほどみんな若くて元気が良い・・

これからが人生面白くなる・・・

いつまでも達者でいようぜ!

還暦2
東京出張
7月24日(木) 天気:晴れ

まだ夏は始まったばかり・・・でも今からこの暑さは何だ!

寒さへの防御はある程度出来るが、暑さに対しては人間は弱く30度以上の日が数日続いただけで身体が参ってしまう・・

特にお年よりはきついと思う・・・

午前中は新潟での所用を済ませ、今日の本社出張のため東京へそのまま向かう・・・

新幹線の車体にポケモンの絵が描いてある・・・“ポケモン新幹線”だ。

キャンペーンをやっているようだが詳細は不明・・

子供達が喜びそうだ・・・この夏休みの間だけなのか?

ポケモン
東京メトロ丸の内線では、ホームに転落防止の柵が設置されていた・・・

地下鉄
当然乗り降りするときは開くようになっている・・

これをすべてのホームに設置となると莫大な費用がかかる・・・

地下鉄2
今日の宿泊は丸の内線「赤坂見附駅」から2分の位置にある“アパヴィラホテル・赤坂見附”・・・

ホテル
エレベーター内には液晶TVがあり、映画やCMなどが流れていて沈黙の時間を紛らわせてくれる・・・

ホテル2
ホテル前の一ツ木通りを渡ると“赤坂不動尊”がありお参りする・・・

不動尊2
植栽に囲まれ不動明王が鎮座・・・

不動尊3
一ツ木通りから見る今話題の“Bizタワー”・・

赤坂
近くに行き下から見上げる・・・

いやぁーさすがに高い・・

赤坂2
タワー前にはオープンカフェが営業中・・・

赤坂3
ここは“赤坂サカス”・・TBSがお台場のフジテレビに対抗してオープンしたとか?

この夏は”サカス・オアシス”で楽しもう・・・

サカス
TBS本社とBizタワーの間のエリアには、楽しめる場所がいっぱい・・・

サカス2
ちょっと入ってみよう・・・

サカス5
ちょうどACTシアターでは舞台版“フラガール”が終わったばかりで人があふれている・・

サカス6
サカスオアシスに入ってみよう・・・

サカス7
ステージには滝のように水が落ちていて涼しさを演出している・・・

サカス8
本社での会議は6時から・・

終了後会議のメンバーと近くにある中華飯店へ食事と飲みに・・・

店員にすごくかわいい子がいたのでちょっと1枚・・

次回の出張時に写真を持ってくると約束し店を出る・・・

電話番号は?・・

いくらずうずうしくてもそこまでは聞けない・・・

いや・・こんど聞いてみようか?

中華2
理事長の会社が六本木にあるという事から、「そこに昔から知っている店がありますよ・・」と誘ってみる・・

六本木交差点のアマンドまでタクシー・・・

このアマンドは待ち合わせ場所として一番わかりやすい事で有名・・

アマンド
紹介する店はここから歩いて数分のところ・・

東京タワーを真正面に見て進む・・・

六本木2
角を曲がるとすぐ・・・

3階の“エルアミーゴ”だ・・・翌朝の5時ごろまで店を開けている。

学生4年のときアルバイトとして約8ヶ月近く働いていたところ・・・

もう、35年も前の話・・・

その懐かしい場所が今もある・・

浮き沈みの一番激しい水商売・・それも六本木と云う場所で35年以上も営業を続けてきたことが驚異だ・・

この店には多くのファンがいる・・芸能人や野球界の人・銀座や赤坂などの同業者・会社の社長などに支えられて今がある・・・

マスターの人柄と経営手腕でもある・・・

わずか8ヶ月の付き合いだったが、それが今も続いている・・

一緒に仕事していた仲間“慎ちゃん”も健在だ・・二人で話すのは昔の話ばかり。

ちなみに、同じフロアの“ミッキー”には、私がバイトしていた頃は美空ひばりの弟の加藤哲也さんがよく来ていた・・

さぁー、ドアを開けてみよう・・・

六本木3
聞こえる・・聞こえる・・歌を歌っている。

マスターの息子さんがギターの弾き語り・・




狭いステージにギター奏者が3人・・右側がマスター。

カントリーウエスタンソングを歌っている・・




お客さんも歌う・・

麻丘めぐみの“わたしの彼は左きき”・・

手拍子と合唱で盛り上がる・・

理事長も喜んで歌っている・・

現在午前1時過ぎ・・・




この時間帯になると、銀座と赤坂の店が閉まり社用族が六本木に流れてくる・・・

和服を着た店のママとそのスタッフの女性2人と業界風の人たちが6名来店・・・

そのあとも華やかな衣装の人たちが来店・・いっきに賑やかになる。

だいぶ混んできた・・・

そろそろホテルへ戻ろう・・・

いやぁー楽しかった!

マスター・慎ちゃん・・こんど来たらまた寄るよ!

スズメバチ
7月23日(水) 天気:晴れのち夕立

暑い!暑い!

午前6時前後は曇っていて、今日は暑さも治まるかと思っているとそのうち夏の空になりどんどん気温が上がる・・・

午前8時30分頃の写真・・・

鉄塔2


午後4時前後には、また曇りだし突然の夕立となる・・・

熱せられたアスファルトから蒸気が出る・・・

夕立が来ても意外と涼しくはならない・・・

マンション前のリバーサイドには子供達が集まっていた・・・

リバーサイド2

今日は23日の水曜日・・・

東京ではもう夏休みに入ったのだろうか?・・

リバーサイド
マンション非難バルコニーで蜂の巣を見つけたとの連絡が入り現場へ・・・

まだ作ったばかりの巣だ・・・それも凶暴なスズメ蜂の巣だ。

中に蜂がいる・・

ちょっと恐いがお客さんに何かあったら大変なことになる・・・

ドアを開け、虫除けスプレーを思い切りかける・・・

蜂がひるんだ隙に巣を叩き落とす・・・

蜂
すぐドアを閉める・・・

スズメ蜂はすごい・・・ドアを閉めてもガラス越しに襲ってこようとしている。

蜂2
これが落とした巣・・

もう子供を生みつけているようだ(白い粒)・・・

蜂5
別の場所にはもうちょっと大きい巣があった・・・

蜂が2匹飛び交っていたが、スプレーをかけると中から5・6匹出てきた・・・

危ない!

急いでドアを閉めた・・・

もう一度スプレーをかけながら巣を落とす・・・

蜂3
それでもまだ巣が小さい時に気づいて良かった・・・

大きくなっていたら手に負えなくなっていた・・・

白山神社祭礼・Ⅲ

7月22日(火) 天気:晴れのち夕立ち

早朝の空・・今日も猛暑を予想させる空。

今年の梅雨は雨が少なかったまま夏に突入・・・今からこの暑さだと先が思いやられる。

水不足も心配だ・・

朝3
祭りの写真掲載も今日で最後・・

神輿に飾られていた鳳凰が取り外された・・それを右手に持ち参道中央で静かに見守る。

山門5
神輿が担ぎ手の肩から外され、山門前の揉み合い体勢に入る・・・

足元をしっかりとしなければ・・・

ワラジを結び直し気合を入れる・・・

まず無情橋まで神輿を押し込む・・

山門6
神輿が押し込んできたのを合図に、鳳凰が一段高い所に移動する・・・

担ぎ手の威勢をかきたてるように法螺貝が勢いよく吹かれる・・・

“ぶぉぉぉーーー”

山門7 
一旦橋から押し戻す・・・

押し戻したところで担ぎ手の体勢が崩れる・・・

神輿が傾く・・・

山門8
膝が崩れ担ぎ手が倒れる込む・・・

神輿が大きく傾く・・・下につけるな!

どうした!しっかりせい!持ち上げろ!・・・周りから激が飛ぶ!

必死で支える・・・

揉み合い
何とか立て直す・・・

観客も増えてきた・・・

見せ場を作ってくれ・・・!

山門9 

最初の階段をまず登ろうと体勢を立て直す・・・

さぁ・・・!行けぇぇーーー!

揉み合い2 
どうだ・・! あっ・・だめだっ!


先頭がどどっと倒れこむ・・・

おーい・・・! 逃げるなてぇー!

身体と足が挟まれる・・・

だいじょぶかぁー!

声が飛ぶ・・

気合を入れる・・ が、足がもつれ体勢が崩れる・・・

神輿が倒れるのを必死で押さえる・・・

揉み合い9 
下ろせ!下ろせ!

もう一回仕切りなおしだ・・

こんどは上がれるか?

揉み合い13 

 また、だめだ!

なにやってるがだてぇー!怒号が飛ぶ!

揉み合い3 

汗がほとばしり出る・・

いい顔してるぞ!

揉み合い5 

う~ん・・いい表情だ!

揉み合い6 

引き締まった顔・顔・顔・・・

揉み合い7 

こんどはきっちり上げようぜ!気合が入る・・・

疲労もピークに来ている・・・

最後の力を振り絞れ!

よーし! 行くぞー!

揉み合い4 

おっ!

こんどは大丈夫か?

揉み合い11 

上げろ!

上げろ!

揉み合い15 

そのまま行けぇー!

揉み合い17
ようやく上がったようだ・・・

いやぁ!ご苦労さん・・

観客からも拍手と歓声が沸く・・

揉み合い18
いやぁ・・疲れた!

静かに静かに長廊下を進む・・・

長廊下
疲労困憊・・

ぐったりだ・・・

長廊下2
鳥居をくぐる・・

神主が見守るなかようやく戻ってきた・・・

神社4
元の場所に安置する・・

神社6
静かにゆっくりと・・・

神社7
神輿が安置され、ようやく祭りも終わった・・

ご苦労さんでした!


神社8
社殿内では無事帰還?の祈りが・・・

神社9
 


白山神社祭礼・Ⅱ
7月21日(月) 天気:晴れ

AM4時45分頃  魚野川の川面に立ち込める霧・・・

川霧
お昼前の谷川連峰を望むともう夏の空・・・

気温がどんどん上がる・・・猛暑日となるか?

山
昨日のお祭りの続き・・

旗持ちに続き、宮司さん・神輿の担ぎ手が休憩所に到着しこれからお昼をいただく・・・

祭り8
おくに自慢会館2階は、宮司・区長・稚児・囃し方・交通誘導員の皆さんが畳の部屋に上がりお昼を取り休憩する・・・

暑いから冷たいビールが身体にしみる・・・

祭り11
町内の年行事の皆さんがお世話係りとなる・・・

子供たちはジュース類と握り飯・・

祭り9
神輿の担ぎ手は3階でお昼となる・・・

畳部屋と違いブルーシートを敷いたところに陣取る・・・これも今なら格差か?

祭り13
外では神輿も一休み・・・

神輿6
鳳凰も羽根を休めているようだ・・・

神輿7
お神輿渡御の合間をぬって町内子供みこしが元気な声を響かせ練り歩く・・

これは本町・西浦合同子供みこしの皆さん・・・

子供神輿
料飲食店組合の皆さんの踊り屋台も回ってくる・・・

踊り9
さあ・・!休憩も終わり出発の時間・・

法螺貝が吹かれ全員の集合を促す・・・

法螺貝
天狗も見守る・・・

天狗2
分館長の柳さんから子供たちに的確な指示が飛ぶ・・・

旗持ち
みんな揃ったようだ・・・

元の隊列になったところで出発だ・・・

祭り15
本町の角を曲がり一路天王町へ・・

天王町は広く順路も長い・・・暑さもピークになるこの時間、疲労も徐々に蓄積されてきてきつく魔のロードが待っている・・

祭り16
天王町を一巡しようやく多聞橋にやってきた・・・

多聞橋2
あとに神輿が続く・・・

橋の上は川風も吹き少しは疲れた身体を癒す・・・

多聞橋3
新幹線の高架をくぐり行列が法螺貝の音と共に戻ってきた・・・

祭り19
本町の入口でまずお祓い・・・

ここまで来るとお神輿巡行もようやく終盤を迎える・・・

お祓い
行列が参道に入ってきた・・・

ここで旗持ち・稚児の皆さんは、山門をくぐり先に神社に向かう・・・

山門
山門上では宮司さんを真ん中に天狗・氏子総代会長・長柄持ちを従え神輿を待つ・・・

山門3
神輿がやってきた・・

天上についていた鳳凰が取り外され、それを右手に持ち神輿を見守る・・・

山門4
いよいよ山門前のもみ合いが始まる・・・

今年はどんな迫力ある揉み合いとなるのか?・・この続きは明日。

白山神社祭礼・Ⅰ
7月20日(日) 天気:曇り・晴れ

今日の朝刊では県内の梅雨明けを報じていた・・平年より3日昨年より13日早いそうだ。

いよいよ暑い夏が始まる・・猛暑にならなければ良いが。

梅雨明け宣言の日、浦佐では白山神社例大祭を迎えた・・

まず浦佐小学校の鼓笛隊パレードから幕が開く・・・

ここにも少子化の波が?・・パレードの隊列が以前から見るとやはり少ない気がする・・

鼓笛隊2
毘沙門堂前を通過する・・

鼓笛隊3
鉄琴三人組・・進行方向を見ながら音符通りに打つのも難しい・・

鼓笛隊4
上吉百貨店前には、お神輿様をお迎えする準備が整っていた・・・

祭り花
いよいよ祭礼行事スタート・・・

今日の日程はおおよそこうだ・・

午前8時45分 : 宮入 宮司宅前発進
午前9時     : 例大祭斎行 稚児の神前奉仕
午前10時    : 神輿渡御 神社発進 
            順路(神社ー本町ー上町ー田町)
午前10時35分~55分 田町休憩所 
            順路(田町ー冨町ー川原町ー新町ー西浦ー本町)
午前12時~40分 本町休憩所
            順路(本町ー川原町ー天王町)
午後1時20分~40分 天王町休憩所
            順路(天王町ー本町ー山門揉み合い)
午後3時     : 神社還御

神社発進から写す予定だったが用事が出来たため途中からの写真となる・・

下の写真は川原町から来て亀新薬店角を曲がり新町へ向かうところ・・

祭り
神輿が神社を発進してからまだ1時間半ちょっと・・・

担ぎ手の顔にはまだまだ余裕が感じられる・・

神輿
新町へ入っていく・・ここは旧三国街道だった道・・

祭り2
昔の浦佐小学校前の道を戻ってくる・・・

炎天下の中、ゴザを敷き、靴を脱ぎ、正座して神様をお迎えする姿に思わずシャッターを押す・・

言葉ではなく、身を持って行なう所作の中に心を打つものがある・・

美しい姿というものはこういうことなのか・・・

祭り5
お稚児さんがこの行列に花を添える・・

暑い中母親から日除け傘をさしてもらいながらみんな笑顔で練り歩く・・・

稚児2
“かぶら”に頭をかじってもらう・・・

病気にならないように・・頭がよくなりますように・・ そして厄除けも。

かじってもらえば願い事が叶う・・・

かぶら
小さいときはまだ“かぶら”が恐い・・・

当然泣き出してしまう・・・子供は本当に純粋だ。

私みたいに年をとってくると恐いものがだんだん無くなる・・・

いや、あります!女房が恐い・・・時には泣き出したくなる。

かぶら2
新町から西浦へ入る・・・

祓川沿いを進んでいく・・・

祭り6
祓川に架かる橋を神輿が渡るともうじきお昼の休憩となる・・・

神輿4
ようやく本町休憩所になっている“おくに自慢会館”へ到着・・・

さあお昼だ!

祭り7
旗も一休み・・・

きれいに農協前に立て掛けられた・・

旗
続きは明日・・・


祭り前日・・・
7月19日(土) 天気:晴れ

今日も一日暑かった!

11時に業者(新発田から来る)とお寺で会うことになっているが、ちょっと時間が早いので畑の草取りをしていたら携帯が鳴った・・

時計を見たら10時・・早く着いたので電話したとの事、とりあえずお寺の場所を教えて待っていただく事に・・・

急いで支度をしてお寺へ・・・

参道入口に提灯が飾られ祭りの準備も整ってきた・・・ちょっと提灯の文字が揃わず雑になっているが。

祭り3
この道を整備したいと考えている・・

左の堀を水が流れる小川にして菖蒲を植え、ホタルが舞い、トンボが飛ぶ、かじか蛙が鳴き、沢がにが見れる・・・

右の柵沿いには桜並木か、もみじを植える・・・

道には苔を這わせる・・

11時前お寺到着・・・新発田から見えた苔匠の社長と事務局長と会い、総代であり押合い大祭委員長でもある東さん・お寺の奥さんと現場下見。

その中で石垣に面白いものを発見・・下の写真はそれを見ているところ。

石垣2
ズームアップすると丸く彫られた中に文字が見える・・

これは解明する必要がある・・謎を解くのが楽しみだ。

石垣3
境内の大ケヤキの根に繁茂する苔・・

この根回り一帯を苔で覆いたいと考えている・・・ちょうど山門をくぐり長廊下を渡る左側の場所。

ライトアップするとまた見栄えがする・・

苔匠の社長もこの境内を見てその素晴らしさに驚いていた・・

大ケヤキをメインに境内の景観をもっと考えれば、それだけでお客を呼べるとも言っていた・・

苔2
1時間半くらいで話も終わり、見積り等を依頼することで別れる・・・

私はついでにお寺の奥にある白山神社に行ってみる・・・

年行事・氏子の皆さんの飾りつけ作業もそろそろ終わりに近づいていた・・

祭り
鎮守様に幕が張られ、旗が立てかけられた・・

神社
神輿も安置されている・・・

明日の本祭りを待つばかり・・

神社2
夜は婦人会による民謡流し・・

露店の明りに誘われ子供たちも大勢出てきた・・

祭り5
本町婦人部の踊り連・・・

前から写そうと思ったがちょっと気が引けて・・後ろから。

どうして気が引けるんだ・・と言う声が聞こえてきそうだが・・・

踊り
布袋屋商店前・・

踊りが終わってもまだ踊り足りないらしく、座り踊りを披露していたいつも元気なY子ちゃん・・・

祭り9
梅雨の空
7月18日(金) 天気:雨

梅雨の雨は蒸し暑くうっとおしい・・雨が降っても涼しくはならずかえって蒸し蒸しする。

今日はそんな天気だった・・

人家の庭先には黄色い花の群生・・・

花2
今日は一日こんな空模様・・・

霧がうっすらと山肌にかかる・・

風景2
田んぼの緑が今一番美しく映えるとき・・・

風景3
湯沢奥添地の山懐はあくまでも深くあくまでも静か・・

風景7
スカシユリを前景に霧にかすむ山々・・・

風景9
帰宅途中午後6時40分頃塩沢付近より・・・

雨雲が空一面覆いつくそうと迫ってきている・・

風景11
自宅到着・・

毘沙門通り(本町通り)には祭り提灯が点灯されていた・・

いよいよ明日は民謡流しが始まる・・

提灯

お祭り提灯付け
7月17日(木) 天気:晴れ

昨日1メートルくらいのところからパソコンを落としてしまったため、一時的に復旧したものの今日のパソコンの起動が心配だった・・・スイッチを入れてみる。

おっ・・動いた・・

良かった!

でもやはり後遺症は残っていた・・・

ホームページビルダーのソフトが機能しないため、写真日記を更新できない・・

様子を見ながらどうするか考えてみよう・・

17日はH町のお祭り提灯の取り付けだ・・・

AM6時みんな出てきた・・

提灯4
脚立に乗って提灯をつける人・・下で提灯を渡す人・・みんなで共同作業。

提灯5
本町の通りが民謡流しのメーン会場となる・・

両脇にすべて提灯が揃った・・

提灯
提灯の取り付けも終わりふと空を見る・・・

うろこ雲のようなAM6時40頃の空・・・

空
ついでに畑の様子を見に行き、グミの葉にしっかりへばりついている蛙を発見・・・

蛙2
ここのところ雨が降らず蛙もただ木の葉に隠れてじっとしているのみ・・・

この目をじっと見ていると、何を思っているのか聞いてみたくなる・・・

蛙4
パソコン危機一髪
7月16日(水) 天気:晴れ

まだ夏はこれからと云うのに、連日30度を越すこの暑さは何とかならないか!

後期高齢者の皆さんは身体にこたえる人も出てくると思う・・・

今日は家内も休暇のため買い物がてら小出に行く・・

道の駅「深雪の里」で朝採り野菜などを購入・・それにしても品物が良くて安い。

自分の畑でも作っているが、野菜作りは素人で野菜を採るより草を取っている方が多いくらいだ・・

何のために畑に入っているかと思う・・

店の脇で広神中学の1年生が課外授業なのか「岩手・宮城内陸地震」の募金活動をしていたので、募金をしながら写させていただく・・・

募金
魚野川沿いにある小出高校グラウンド・・・

小出高校2
野球部が練習中・・・

小出は1回戦・2回戦と勝ち上がり3回戦を17日に関根学園と闘うことになっていて、甲子園目指し練習にも気合が入る・・・

昨年はベスト8まで行ったそうだ・・

小出高校
お寺に用があり行くと境内の草刈作業の真っ最中・・

あと1ヶ月もすればお盆がやってくる・・きれいにしておかないと。

お寺
用事も済み、ついでに菅有沢に足を伸ばす・・

ここにはお不動様が祭られている・・

菅有沢
誰が供えるのか花が絶えない・・

お不動さま
お参りをした後、隣にある愛宕さまに久しぶりに登ってみよう・・・

昔子供のころの遊び場でもあった場所・・

登ったばかりのところに小さな石仏がある・・・

石仏

左下がすぐ菅有沢になっている・・

苔むした石段を登る・・

愛宕様2
ここまで順調にブログ打ち込み作業をしていたが、席を立ち移動しようとした瞬間コードを足に引っ掛けパソコンを下に落としてしまった・・

あーーっと思ったときはもう遅い・・

液晶画面は割れていなかったが枠がはずれ気味になり、無理に押し込んだが画面が全く下の写真のまま動かない・・・

マウスが効かない・・・電源も落ちない・・・完全に壊れてしまったか?

困った・・かなりの写真やデータを入れているがすべてパーになったのだろうか?

あがいてもしょうがない、少し時間を置き窮余策を考えてみよう・・午後3時前にあっちをさわりこっちをさわりしているうちに奇跡的に起動できた・・

ありがたい・・菅有沢のお不動様に感謝!

パソコン2
そして愛宕様にも感謝!

昔は大きな社があったが今はこの状態・・・

愛宕様3
夜7時半からお国じまん会館で会議・・

その前にお寺に行き撮影・・午後7時15分頃

お寺4
毘沙門堂は閉じられ大手口を明りが照らす・・

お寺5
1基の照明で境内を照らす・・・

お寺6
毘沙門通り活き活き再生懇談会会議開催・・

あまり間を置かず何回か会議を重ねるなかで活動を尻すぼみにしないよう、何とか昨年からのワークショップでの提案を吟味しながら実行に移していくことが大事・・

会議
それにしても、一時はどうなるかと思ったがパソコンが起動してよかった・・・

暑い一日・・・
7月15日(火) 天気:晴れ

梅雨の中休みなんてものじゃない・・・今日の暑さは!

もうすっかり夏の空・夏の気温・・・でも梅雨はまだ明けていない。

四十日付近から城内・五十沢方面を写す・・

空

夏になるとよく見る草(花が咲くようだが名前はわからない)ごしに見るともう夏の雲・・・

雲2

その草に絡まり昼顔の花が咲く・・・

昼顔2

この昼顔は自分の居場所がわかる花だ・・・

バラやコスモスの中にいれば全く見栄えがしないが、この夏の強い陽射しを浴び雑草の中にいるからこそ昼顔の花が映える・・・

そう考えるといとおしくなる・・・

それにしても植物は人間と違い自分の適性に合う場所を自ら見つけ、そこで誰が見ていようと見ていまいと関係なく精一杯生きている・・・

周りの雑音に右往左往しない・・凛として生きる。

昼顔

高速道路側道から塩沢方面・・・右側の建物は“雪国まいたけ”本社。

空3

欠ノ上付近から宇津野・二日町方面・・・

空5

少し移動し花壇をいれて撮影・・・

空7

白い建物は五日町体育館・・・

昔からある花(夏のコスモス?)が種を温存し復活したのかあちこちで見るようになった・・・

景色

午後3時現在外につるしてある温度計はなんと39度を指している・・・

いくら南向きで日当たりが良いといっても・・・この温度は?

温度計

4時20分の家の中の温度・・・

31度と云えば、昔の外の温度と同じくらいではなかったか?

温度

梅雨の晴れ間
7月14日(月) 天気:曇り時々雨のち晴れ

今朝は曇りからスタート・・

塩沢付近の魚野川の様子・・・

おとり鮎販売の小屋がすぐそばにあり、アユ釣りの車が数台止まっていた・・

アユ釣り4

マンション前から望む谷川連峰・・・

午後1時ごろまだ空は雲で覆われている・・

山

午後3時過ぎ同じ位置で撮影・・・

急速に天気が回復し、すっかり一面青空の世界・・・

山2

この天気に乗じて久しぶりに屋上に上ってみよう・・・

岩原2

やはり素晴らしい眺めだ・・・

中里3

県境の山々が高くそびえる・・・

みんな2000メーター級の山並み・・・夏登山到来で多くの人が登るのだろう。

谷川

下に目を落とすと自然に出来ている田んぼの造形が美しい・・・

手前の休耕田との対比が面白い・・

田んぼ

夏祭り近し・・
7月13日(日) 天気:晴れ

暗く霧にむせぶAM4:05の多聞橋・・・

この早朝の天候から今日が真夏日の一日になろうとは想像できなかった・・・

多聞橋

その日中の暑い中、畑の草取り・・

この梅雨時は草の成長が早く、草取りが追いつかない・・・

夕方近く、近所のおばあさんが集まりなにやら話し込んでいる・・

家ばっかりもいられない・・・誰かひとり出ていると自然に人が集まってくる・・ここはそんなたまり場でもある。

そんな場所があちこちあればと思う・・

たまり場

お祭りが近くなってきた・・

町内でも提灯を飾り始めたようだ・・

提灯

冨町でも両脇に提灯が飾られている・・・

提灯2

ちょっと車で足を伸ばしてみる・・

緑のじゅうたんを前に越後三山がそびえる・・・

ここから見る八海山の右に流れる稜線は信州の八ヶ岳に似ている・・

風景2

PM5時半頃の西山の空・・

上の写真とほぼ同時刻の空であるが、東の空と西の空とではこれだけ違う・・

空

三角鉄橋から小出方面・・・

釣り人1名・・

アユ釣り

同じく浦佐方面・・

釣り人0名・・・

それにしても釣り客が少ない・・・

昔と比較すればウソのようだ・・・小さい頃、川で泳いでいてアユ釣りの人から「邪魔だから向こうに行って泳げ・・」と怒られるほど、釣り客が数珠繋ぎに竿を出していたのに・・

川

自然賛歌
7月12日(土) 天気:曇りのち晴れ

早朝多聞橋より大橋を望む・・・

空が一面雲で覆われているせいもあり、夜明け前の空であるがいつもより暗い・・・

今年の新潟での日の出・日の入りの時刻は次のようになっている。

夏至(6/22)日の出  4:22  日の入り  19:10
今日(7/12)日の出  4:31  日の入り  19:07

浦佐での日の出時間は少し違ってくるが、これだけ見ても日の出の時間はもうすでに9分遅くなっている・・

多聞橋

湯沢では晴れていた・・・

外に出て川原の1本道を走ってみる・・・

道

急に視界が開け空が広がる・・

ここは清流魚野川の上流部・・・

川

下流と違い転がっている石が一つ一つ大きい・・・

川14

その石に寄り添い梅雨明け間近の空を写してみる・・・

川2

堰堤から流れる水がこの時期清涼感を増している・・・

川5

水が勢いよく落ち込んでいるところでは、白い泡状となり流れていく・・・

川4

洗剤を入れたかのように白い泡を生み出す・・・

川8

岩にぶつかり水が形を変え落ち込む・・・

川7

千変万化する水の舞い・・・

川13

刻々とめまぐるしく変化する水の様相を見ていると何かを感じる・・・

ずっと見ていても飽きない・・・

川9

朝顔の花回廊作戦
月11日(木) 天気:曇りのち晴れ

K新さんが世話している朝顔の蔓が延びてきた・・・

葉の色も緑が濃く活き活きしている・・・

これは、5日(土)AM6時にS市議の発案を受け、西山協議会のSさんが主体となり70個近く用意していたプランターを、毘沙門通り(本町通り)の家々に並べ、通りを花で飾ろうという計画で「花の回廊」作戦と称して今年初めて実施したもの・・・

最初、「家の前においてもらっても水遣りや、手入れが大変で・・・」と言っていた人も芽が出はじめると
「もっと肥料をやってみようかな・・」「花をいっぱい咲かせてみようか・・」などと言い出し、朝起きるとつい朝顔を見るのが日課になってしまった人もいるくらいだ・・・

また、隣の家のプランターと比較して「そっちの芽の出具合はどうだ・・」とか「どうやって育てたらよいのか教えて・・」などという会話も出てくる・・・

空き家の前にプランターを置いていたら、隣のお母さんが「私が水遣りをして世話をするから大丈夫だよ・・・」と言ってもらったり、普段あまり話をすることなどなくても朝顔のプランター一個でこれだけ変われる・・・

これが地域活性化の原点だ・・

今住んでいる人がここにいて良かったと思われる町でなければ・・・

また、子供からお年寄りまで老若男女が交流し活き活きとしていなければ、いくら外部から来訪者が来ても活気のない町に映る・・・

朝顔

これは、私のプランター・・・

もう花が咲いているが、苗を買ってきて育てているため・・・

他人より早く蔓を伸ばしどんなイメージになるのかサンプルとして見せようと思っていたためだ・・・

朝顔2

我が家のずらっと並んだ朝顔のプランター・・・ 何か弱々しい。

しかし日中の管理はK新さんがいるので安心だ・・

夕方帰宅して報告を聞く・・・「枯れているのはないか・・」「土の具合はどうか・・?」「水が足りないのか・・?」等々・・

朝顔3

朝出掛けに隣の家を見ると、Mスダヤさんのコンクリートの上においてある袋から「桐の木」が生えてきているのを発見・・・

大木になったらどうしよう・・(なるわけない・・・)

植物の生命力はすごい・・

桐の木

マンション前に植えてあるアジサイから中里スキー場を望む・・・

アジサイ2

天気が良くなってきた・・・

雲はもう夏の雲・・・

雲2

高層マンションを下から・・・

周りに他のマンションや住宅が無く、このマンションだけぽつんと1棟・・・

自然がいっぱいで静か・・・良いところだ。

マンション

ただ、時おり蛇が出てくる・・・

今日も出てきている・・・

これも自然環境が良い証拠・・・

蛇2

アユ釣り解禁
7月10日(木) 天気:雨のち曇り

朝からの雨で川に若干濁りがある・・・

今日は鮎の友釣り解禁の日・・・いよいよシーズンが始まる。

生憎の雨となってしまったが、今のところそんなに増水してなくて釣り客もひと安心・・・

ただ水温が低いのがどう影響してくるか・・・

川

橋の下を見るともう釣り人がいる・・

場所によって釣果も違ってくる・・少しでも良い場所を確保しようと移動する。

アユ釣り3

橋の反対側を見るとひとり悠々と竿をさしている・・・

この場所はいそうな感じもするが・・

アユ釣り4

おっ!釣れたのかな?・・

アユの友釣りはおとりのアユを付け、他のアユをおびき寄せて釣る方法・・

この釣りは奥が深く何年やっていても難しいそうだ・・

アユ釣り

マンション2階のテラス・・

見えるのは山のみ・・ここは本当に静かな場所で読書には最適。

テラス3

野いちごの時期
7月9日(水) 天気:雨一時夕立時々曇り

早朝は雨も降らずS聞配達はおかげで助かった・・・

その後6時過ぎより雨が強くなり、しばらく降るとまた止む・・・

時おり夕立のような降りもあり、そのあと雲が切れ青空が覗くその繰り返し・・

ここは某所の山につながる道・・・

道路わきにバイクを止め、何か採っている第一村人発見!

いちご4

野いちごを採っていると言う・・・

よく見るといちごの蔓があちこちに伸び実をたくさんつけている・・・

いちご

今まで採った袋を拝見・・・

真っ赤な実がいっぱいだ・・・

家に帰りジャムを作るそうだ・・・

自然の恵み、地元で採れたのを自分で調理していただく・・・

これほど安全で美味しい食材はない・・

いちご3

第二村人を求め車を走らす・・・

途中八色原を眼下に見下ろす眺望の良い場所に出る・・・

西山から見る広大な八色原の景観は、どこから見てもいつ見ても素晴らしい・・

景色

笹の群生・・・

この笹は一部が変色していないし、どこも破れてのいないきれいな笹の葉で団子などを包むのに最適だ・・・

笹

栃原峠に到着・・

旧大和町方面を振り返る・・・

峠

こちらは堀之内方面・・

下っていくばかり・・・

峠2

峠の稲荷様にお参りし戻る途中道路わきの草陰に鹿を発見したが、車を見つけすぐ草むらの中に逃げて行った・・・

普明神社
7月8日(火) 天気:雨のち曇り

昨晩からの雨が朝方まで続いた・・

AM3時ころはかなり強い降りとなり、いよいよ大雨になるのかと思わせるほどだったが、その雨も徐々に弱まり、午後少し前には晴れ間がのぞく天気になった・・

夜降って昼晴れるパターンが続いている・・・

今日はおふくろと小出行き・・・

用件を済ましたあと、以前から立ち寄ってみようと思っていた神社に参拝・・・

五箇にある普明神社(←クリック)である・・・

右側の住宅が社務所となっている・・

神社18

社務所前に神社の由来の看板がある・・・

神社17

ここが神社の入口・・

五箇の神社では戸隠神社と股倉神社が知られているが?

来てみると掃除も行き届いており、手入れされているのが一目でわかる・・・

神社

社殿に行くとちょうど祭事が行なわれていた・・・

賽銭を上げ参拝・・・

神社2

右側を見ると奥の院の入口の案内がある・・

7・8分でもあるし、ちょうど来たついでだから登ってみよう・・

神社13

少し登ったところで神社を振り返る・・・

草も刈られ周辺がきれいになっている・・・

神社3

最初は登りのきつい石段の道・・この先どんな風になっているのだろうか?

興味が湧く・・・

神社4

少し緩やかな道となる・・・

それにしてもこれだけの石段をよく並べたものだ・・・

神社6

大木となったブナの木の脇を通っていく・・・

ブナ3

苗場神社の遥拝所に到着・・・参拝。

神社9

普明神社と苗場神社はどういう風に関連しているのだろうか?

神社11

遥拝所から1分、視界が開けようやく奥社に到着・・・

赤と白のきれいな社である・・

ここが神社裏山の頂上だ・・・

奥社

正面から撮影・・・

周りが緑一面の中、赤と白のコントラストでひときわ目立つ・・・

浦佐の白山神社奥の院より立派だ・・・

神社から参道・・参道から奥の院・・・手入れが行き届いている。

奥社2

参拝し帰路につく・・・

途中木々の切れ目から浦佐方面が望める・・・

右側に新幹線ホームの駅舎が見える・・

神社12

ブナが幹をねじりながら伸びている・・・

昨日からの雨で幹がしっかり濡れている・・

保水力抜群のぶなの木・・自然を守っていくのにブナの木は絶対必要だ・・

ブナ2

ここにも大木が・・朴の木だ・・

朴の木

雨に濡れている参道を下りていくとアマガエルが飛び出してきた・・

雨に濡れて気持ちよさそうだ・・

蛙2

ようやくまた神社に戻ってきた・・

ちょうど祭事も終わり宮司さんが着替えていたところ、再度お参りをして帰ろうとしたら、神様からお下げしてきたものを差し上げますと言う・・(下の写真)

月2回(8日・28日)しかない神職の出仕の日にたまたま来たこと、そこで思いがけず戴き物をした事に何かご縁を感じる・・・

神社19

アジサイの雨
7月7日(月) 天気:雨のち曇り

昨日まで空梅雨になるかと心配するほど晴れて暑い日が続いていたが、今日は一変雨となり朝方には雷が鳴るほどだった・・・

まさに恵みの雨となる・・・

しかし今日は七夕・・この空では「天の川」は見られそうもない。

ただ久しぶりの雨に稲が洗われ活き活きとしている・・・

砂押付近から樺の沢方面を撮影・・・

景色

マンションに着くとまた大雨になる・・・

雷まで鳴り出した・・

雨

玄関前の花壇に植えてあるアジサイが生き返ったようだ・・・

アジサイ2

やはり雨にはアジサイの花がよく似合う・・・

アジサイ4

防災訓練
7月6日(日) 天気:晴れ

今日も雨が降らない・・このまま行くと空梅雨か?

予報は7日・8日と曇りになっているが、いままで曇りでも予報がはずれて暑い日となっている・・・

9日以降は、また晴れマークが続く・・

天気

早朝の空は灰色の空・・・多聞橋西詰め午前4時45分頃。

これだと太陽は隠れていて見れないと思っていたら、オレンジ色の太陽がくっきり大きく東の空に浮かんでいた・・・

この自然現象はどういうことなのだろうか?

灰色の空は雲とは違うのか?

ガスが一面かかっていてそれを通して見えているのか?

わからない・・・

青空でないのに太陽だけがはっきりと浮かんで見える・・・

太陽2

アップして撮影・・

太陽

今日は防災訓練の日・・

第一分団の消防車がいつでも出動できるよう待機している・・・

消防

毘沙門堂前駐車場に西浦の町内の人が集まっていた・・・

西浦

こちらは本町の住民の皆さん・・・

サイレンが鳴り非難してきたとの想定・・・

今年は市主催の防災訓練は浦佐小学校が主会場・・・

自衛隊の皆さんも来ている様で大掛かりな訓練が行なわれる予定・・・

本町

今日は出勤日・・・

途中一村尾付近で生育している苗の間から菖蒲の花が顔を出しているのを見つけ撮影・・・

一面緑の中でひときわ異彩を放つ・・

菖蒲


第2回:ガイド養成講座

7月5日(日) 天気:晴れ

梅雨とは名ばかりで、連日暑い日が続く・・・

この後いっきに集中豪雨にならなければ良いが・・

午前中は畑の草取り・・・しばらく畑に入っていないので草がすごい・・

午後2時からガイド養成講座の2回目で会場は千手院さん・・

千手院6

本堂内から正面入口及び庭を望む・・・

千手院2

ご本尊である「千手観音」が安置されている場所で講演が始まる。

千手院3

開会の挨拶のあとご住職さんからひと言・・・

長い間町内有志とお寺だけで行なってきた「浦佐城・薬師様」の整備保存が地域全体で動き出している・・

千手院5

講演終了後、役員・幹事で今後のスケジュール等の会議を開催・・

S市議の話を真剣に聞く役員の皆さん・・

会議2

この迂回路の整備について図を持って具体的に説明を受ける・・

日程は?・専門業者は?・資金は?・ボランティアが出来る仕事内容は?・・

話し合えばいろいろな案が出る・・・意識も高まる。

会議3

他で行なわれた杉間伐の事例写真を見る・・

真剣なまなざしが頼もしい・・約1名は携帯に夢中だが・・

会議4

会議が終われば当然懇親会となる・・・

酒が入るとますますテンションが上がる・・身振り手振りで熱弁をふるうS市議・・・

懇親

懇親会も終了・・午後6時半。

まだ外は明るい・・

本堂の玄関に座り、明日の葬儀で準備されている花輪に挟まれ酔いを醒ます二人・・


千手院7

このあと“寿多家”で会うことになる・・・


風景賛歌
7月4日(金) 天気:曇りのち一時雨

早朝の空は、またまた素晴らしい景色を見せてくれる!

朝日2

太陽の光線が東の空から放たれる・・・

朝日

まばゆいばかりの陽の光・・・神々しい光に合掌!

朝日4

清流魚野川の川面に当たりキラキラ光っている・・・

朝日3

時間は午前5時・・・

釣り人が川に入っている・・・

五箇方面を望む・・・架かっている橋は三角鉄橋

釣り

早朝の空から時間の経過と共にどんよりした雲の多い空となる

子供達が学校に通う時間・・

緑がきれいな田んぼの中の道を行く・・・薮神小学校の生徒達。

登校2

ズームアップで撮っているのだが、どうもこちらに気づき警戒しているようだ・・

最近いろんな事件が起きているので、勝手に撮影していると不審に思われる・・・

当然だ・・・

登校

今の時期アオイがあちこちで咲いている・・・

アオイ

土手下から空を仰ぎ見る・・・

景色

グランドから岩原スキー場の斜面に建つマンション群を望む・・・

風景

並木道を散歩したくなる。

並木

暑い陽射しを遮ってくれる木陰が出来る・・・

並木2

我が家の玄関の上に巣を作っていたツバメが巣立ちのときを迎えている・・・

ツバメ2

朝焼け
7月3日(木) 天気:晴れ

午前4時10分頃、東の空が赤みを帯び徐々に変化していく光景にシャッターを切る・・

写しながらしばし見とれる・・・

朝焼け3

雲に反射した光が一瞬の美しさを見せてくれる・・・

まさに千変万化、瞬間瞬間に景色が変わっていく・・・

朝焼け5

太陽は天候に左右されず、天変地異にも関係なくいつも規則どおりに東から昇ってくる・・・

しかしこのような光景はいつもみせてくれない・・・

様々な条件がピタッとはまった時だけである・・・

朝焼け7

湯沢の町なか散策・・いなもと旅館前。

宿

駐車場内にある“美白の足湯”・・

足湯

ちょうど西口を出た場所に“旅籠・井仙”がある・・

古民家を模した建物で観光客にも人気のようだ・・・

いせん5

ここにも足湯がある・・・

いせん3

午後6時05分、帰宅途中ちょっとわき道に入ると小川が流れている・・・

この時期でも水量が多い・・

小川

川べりに咲く菖蒲の花・・・

花

小川から見上げる空の雲が、沈む太陽に照らされ白く輝いている・・・

空5

空に光線を放ちながら・・

空4

新潟行き
7月2日(水) 天気:晴れ

畑近くの花壇に咲くアジサイ・・・

雨に似合う花であるが晴れの日が多くて少し厳しい環境だ・・・

それでもけなげに一所懸命に咲いている・・・

アジサイ

今日は所用で新潟行き・・・

浦佐駅のホームから、正面に浦佐城・薬師様を望む・・・

地震で崩れ山肌が一部露出している・・・

山城(やまじろ)として史跡の価値もあり、今保存の会が出来ている・・

木々が大きくなりすぎて山城の形がわかりにくい・・伐採も含め今後の活動が待たれる。

浦佐西山

新潟での所用を済ませ、ついでにちょっと街を散策・・

夏の商戦が始まった古町のアーケードでは七夕飾りが掛けられていた・・・

七夕

大和デパートにもたくさんの短冊が下がっている・・・

七夕2

途中本町市場に立ち寄るが、昔から見ると店の数も減り人出も極端に減っている・・・

あの賑わいはどこに行ってしまったのだろうか?

本町市場

時間もあるし新潟駅まで歩いてみよう・・・

万代橋西詰めには、新潟市政百周年を記念して「新潟ブルース」の歌碑がある・・・

新潟を代表する歌謡曲である・・・

この歌は作詞:山岸一二三・作曲:山岸英樹さんの山岸兄弟で作られた曲で、美川憲一さんが歌って大ヒットした歌である・・

作曲の山岸英樹さんとは思い出がある・・

浦佐夏祭りの演芸としてそれまでは白山神社の境内で映画を上映していたが、私が年行事担当になった時今年はカラオケ大会をやろうという事が決定・・・

それで、当時懇意にしていた山岸英樹さんに相談し、審査委員長として山岸先生を、他に山岸門下生の歌手1名をお願いし、夏祭り第1回カラオケ大会を開いたことを懐かしく思い出す・・

その後カラオケ大会が夏祭りの演芸として続いていたが、いつの間にかなくなりそのうち演芸自体もなくなってしまった・・・

これも時代の流れか?・・寂しい気もする。

その後ホテルオークラで行なわれた山岸英樹作曲家生活の記念パーティに呼ばれ、記念品として額に収められた「新潟ブルース」のドーナツ盤レコードを戴いたこともある。

今は大事にして家にある・・・

新潟ブルース

万代橋からひときわ高く建つ“朱鷺メッセ”と“柳都大橋”を望む・・・

万代橋

お昼前の時間帯に万代橋を渡っている・・

陽ざしが暑いが橋の上は川風が吹き心地よい・・・

バンダイ橋

駅近くに懐かしい映画の看板が掛けられていた・・・

吉永小百合か・・・あのころみんな若かった・・・

映画

月改まる
7月1日(火) 天気:晴れ

今日から7月・・・というより、もう半年も経過してしまった。

月の初めに何か気持ちを新たにと思い毘沙門様へ・・・

威容を誇る山門がいつも迎えてくれる・・・

山門

現在AM6時45分・・すでに毘沙門堂が開いていた。

毘沙門堂4

写真も撮り帰ろうとしたら、手押し車に腰を降ろし苦しそうにうずくまっているおばあさんに出会う・・・

ちょっと心配になり声をかける・・・

急に胸がドカドカしてきたためだと言う・・・

ようやく楽になり立ち話・・・

聞くとN浦のGべえどんのおばあちゃんだ・・

もう38年間もお不動様にお参りし花をあげているとの事・・・びっくりした!

ばあちゃん

今まで花のことなど気づかずにお参りしていたが、気になり引き返してみた・・・

これがそうだったのか・・!

きれいなユリがいっぱい・・

不動尊4

今まで全く知らなかった・・

こんどは花を上げていただいたことにも感謝しお参りしよう・・

お不動様

今日からガソリンがまた値上げ・・・

いろいろなものが値上がりして、生活を圧迫している・・・

こんな時、頭を使って消費一辺倒の生活を見直す良いチャンスかも・・

塩沢のガソリンスタンド・・リッター180円台突入・・

ガソリン

湯沢に来ると首都圏に近いためか、激戦地のせいか少し安くなっている・・・

ガソリン2

今日1日は八海山の山開きの日・・・

晴れて山開き日和となった・・・

午後6時40分頃五日町から八海山を望む・・・

天気が良いせいかまだこの時間でもこんなに明るい・・・雲もない・・

正面に八つ峰がくっきり見える・・・

今年は登ってみようか・・

風景



プロフィール

tamonkun

Author:tamonkun
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

今日のニュース

天気予報

ヘルシーレシピ

占い

カテゴリー

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。