毘沙門の風よ吹け!
毘沙門の里つれづれ日記
04 | 2009/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツツジ公園・・・

5月30日(土) 天気:曇り時々晴れ

新しい朝が来た!希望の朝だ! 5-30j.jpg 
喜びに胸を開き、大空を仰げ! 5-30h.jpg
そして、健やかな胸を、この爽やかに香る風に開けよ!
5-30e.jpg
晴れてみたり、曇ってみたりの天気がせめぎ合っている今日一日・・・

それでも陽射しが射すと暑くなる・・・

そんな日午前中には畑仕事を終え、午後雲が切れ太陽が覗く時間帯を狙い、少し風が強く吹く中「ツツジ公園」に車を走らせた・・・

今日の「ツツジ」はどんな顔をして待っていてくれるだろうか?

はやる心を抑えながら「ヤゴ平」を登る・・・

そして、両側に咲く花の甘い香りに包まれながら「ツツジ遊歩道」をゆっくり歩いてみる・・・

爽やかの空・・・爽やかな風・・・そして・・甘い香り

すべては、自然の贈り物!・・・感謝!

感謝しながら独りこの道をゆく・・・ 

5-30i.jpg
太陽が当たると、花が一段と輝きを増してくる・・・

5-30d.jpg
「大ツツジ」の下に入り、眼下に広がる八色原の眺望を独り占め・・・

5-30c.jpg
新緑から少し緑が深くなった山々に、緋色のツツジが一面に覆っているこの場所は、遠くから見ると山が燃えているかのよう・・・

5-30f.jpg


スポンサーサイト
夕焼け現る・・・
5月29日(金) 天気:早朝雨のち晴れ

深夜から早朝にかけ雨が降っていたが、それも7時過ぎには止み出勤する頃には一気に青空が広がって来た・・・

この時期、雨に洗われた後の緑の美しさには目を奪われる・・・

塩沢吉里地区から眺める金城山の山並みが、植えて間もない田んぼの水面に映し出されている・・・

5-29a.jpg
そん反対側の西山も田圃が鏡になっている・・・

5-29b.jpg
田圃の真中に立つ洋風の上越国際スキー場社員寮・・・

田園風景の中に洋風の館・・・でも全然異和感はない。

5-29c.jpg
帰宅途中の午後6時半過ぎ、六日町の四十日(しとか)地区まで来ると、八海山が西日に照らされ輝いていた・・・

5-29e.jpg
手前の人家と杉林は夕暮れ時を思わせるが、空と山は午後6時半すぎとは思えないほどまだ明るさを保っている・・・

5-29d.jpg
午後6時45分を過ぎていただろうか?西の空が急速に茜色に染まり出し、今年一番の夕焼けのショーを見ることができた・・・

その予兆は六日町に入る頃からあった・・・

車を家路に走らせながら「もしかしたら夕焼けが見られるかも」と期待はしていた・・・

私にとっては今年一番の夕焼けである・・・

5-29f.jpg
その夕焼けの空が田んぼに吸い込まれていた・・・

5-29g.jpg
浅草寺境内・・・
5月28日(木) 天気:曇り時々晴れ

昨日(26日)浅草の夜を充分満喫しホテルに入ったのが12時過ぎ・・・

少し早すぎたか?翌日は快調に目覚める・・・

下の写真はその翌日(27日)の記録・・・

ホテルを出たあとも浅草寺境内を歩きながら帰路につく・・・

まず目についたのが“大銀杏の木”である・・・

ただ幹の姿が違っているが、案内板を見て納得・・・

先の戦災(東京大空襲)で大半を焼失したとある・・・

5-27.jpg
また、源頼朝公が参拝の折挿した枝から発芽したと伝えられている由緒ある銀杏の木でもある・・・

5-27b.jpg
幹の裏側に回って見ると戦災で焼けた傷跡が、今でもはっきりと確認できる・・・

中が空洞になっていて、焦げ跡がよくわかる・・・

まさに歴史の生き証人である・・・

5-27a.jpg
銀杏の木から少し歩くと、階段を数段上ったところにお堂があったので参拝する・・・

正面が弁天堂で右に鐘楼がある・・・

5-27i.jpg
案内板をみると、この数段上がったところは「弁天山」と呼ばれているそうだ・・・

この高さで“山”とは?

そして狭い境内にある鐘楼が、五代将軍綱吉公改鋳の江戸時代「時の鐘」として撞かれていたものである・・・

また、松尾芭蕉の句にある『花の雲 鐘は上野か浅草か』で有名な浅草の鐘がこれである・・

花の雲とある花は桜のことだろうか?そうすると季節は春・・・花曇りという言葉もあるからその時期に詠まれた句なのだろうか?

これもまた推測の域を出ないが・・・

そしてこの鐘を、現在も毎朝6時に撞き鳴らしているという・・・

普光寺の鐘楼も『梵鐘の会』が、浅草と同じ時間の毎朝6時に撞いている・・・

ただ我々は12回撞いているのだが、浅草は何回ついているのだろう?・・・

時の鐘と言うくらいだから6回なのだろうか?

5-27g.jpg
その鐘楼が下の写真です・・・

5-27h.jpg
その鐘楼のいわれが案内板に書かれていた・・・

「時の鐘」でもあり「浅草寺の梵鐘」でもあるこの鐘は、数々の文学作品にも登場していると言う・・・

5-27c.jpg
階段の左側には松尾芭蕉の句碑があった・・・

5-27e.jpg
その案内板には、芭蕉という俳号の由来や二百年の風雪を経てきた句碑であることなどが記されていた・・・

新たに知る事ばかりで、歴史についての興味も湧いてくる・・・

5-27d.jpg
本社出張:Ⅱ
5月27日(水) 天気:晴れ

昨日からの続き・・・

浅草寺本殿から仲見世を見ながら雷門まで来る・・・

雷門脇の歩道では、白い大型犬がじゃれ合っていて、それを面白そうに修学旅行生が眺めていた・・

右のキャップをして座っている人が飼い主で、「この犬は親子ですか」と尋ねたら「左が秋田犬で右がシェパードだよ」と教えてくれた・・・

和犬と洋犬がわからないなんて・・・また恥をかいてしまった。

5-26r.jpg
雷門から少し歩いた「神谷バー」の前が、浅草界隈をガイドする人力車の乗降場所となっていて、歩道沿いにずらり並んでお客さんを待っている・・・

5-26s.jpg
その乗降場所で威勢の良いお兄さんを撮影・・・

このあとすぐお客さんが付き、浅草の街に勢いよく飛び出して行った・・・

5-26t.jpg
さて、これから会社に向かうとしよう・・・

この交差点からすぐのところが都営浅草線の浅草駅・・・下車駅は人形町駅。

今日の会議も長くなりそうだ・・軽く食べておかなければとドトールコーヒーショップに入る。

ここで少し腹ごしらえ・・・

5-26u.jpg
やはり会議が長引いて、終了したのが午後の9時半ごろ・・

来た道を帰りホテルのある浅草へ・・・

雷門前は昼のお祭りのような喧騒はなく、写真のように静か・・・

門をくぐり仲見世をまっすぐ歩く・・・

5-26v_20090527165552.jpg
仲見世を抜けたところにはさらに大きな「宝蔵門」があり、ライトアップされその美しさに目を奪われる・・・

昨年毘沙門通り懇談会で、お寺の山門とケヤキのライトアップをおこなったが、光の当て方がよく分からず私のイメージ通りには行かなかったけれども、今年はこの浅草のライトアップを参考にしてみよう・・・

5-26w.jpg
隣にある五重塔もそこだけライトが当てられ、金色(こんじき)の塔のように漆黒の夜空に浮かび上がる・・・

5-26x.jpg
さあ~今夜はどの店に寄ってみようか・・と飲み屋街を散策してみる・・・

この通りは通称“煮込み通り”とも言われ、牛スジの美味しい店などが建ち並ぶ所・・・

オープンカフェならぬオープン居酒屋が軒を連ねている・・・

もう道路まで椅子を出して賑やかに談笑している・・

毘沙門通りにもこんな店が1軒くらい欲しい・・そうすれば毎日通うかも。

今日寄る店はここではない・・・

5-26y.jpg
こちらの「昭和軒」で今夜は過ごそう・・・

店の壁には昔懐かしい“ホーロー看板”がたくさん掛けられ,私を待っていたかのように入口のドアがもう開いている・・・

5-26z.jpg
店に入るとこちらにも懐かしい映画のポスター、“夕陽の丘”“実録安藤組”“などが張られていた・・・

5-26aa.jpg
ようやく飲めるぞ!

生ビールを1杯頼んだ後はホッピーを飲んでみる。

今日はけっこう歩いてかなり疲れた・・・

酒でも飲んで浅草の夜を独り満喫・・・

まさに、壁に掛かっている額のように「浅草パラダイス」だ・・・

5-26ab.jpg
本社出張・・・

5月26日(火) 天気:晴れ

先日あるブログを見ていたら、西山に咲くツツジがこれから見ごろを迎えると書いてあった・・・

実はその数日前のシトシトと雨の降る朝に、私は同じ場所で見たツツジがもうすでに花の時期を終えて残り花が咲いていると推測で書いてしまっていたので、さっそく早朝のS聞配達終了後、確認のため車で山に登って見た・・・

すると、『ツツジ遊歩道』入口から少し上がったところに車が1台停車してあった・・・

こんな早朝から誰か山に入っている人がいるのだろうか?それとも山菜でも採りに来ている人がいるのだろうか?

車を停車して降りてみると、草刈り機の音を静寂の山に響かせ一生懸命作業をしている人に出会った・・・

糀屋の石田さんである・・・

何度か呼んでみたが、機械の音に声がかき消され全く分からない様子だったので、近くに寄ってみて大きな声で「石田さん!」と呼んでみたらようやく振り向いてくれた・・・

この時期になると、いつも『ツツジ遊歩道』の整備に汗を流していただいている・・・

おかげで“山ツツジ”の名所にもなっている場所でもある・・・

6月3日には田町の老人会の皆さんが花見にやって来るらしく、整備に一層力が入っているようだった・・・

それより肝心のツツジの花は、もう終わりに近いのかそれともこれからピークを迎えるのか聞かなければならない・・・

そこで・・・

私 「石田さん・・もうツツジの花は終わってしまったんですか?」

石田さん 「な~に?・・っけん事も知らねがんだかね・・ツツジの花の見ごろはこ             れからだこてね・・ ほ~して、ツツジの花は陽の当たっている所から順  
               番に咲き始めるんなんが、花を楽しめる時期が長くていいがだてぇ~」

私 「そ~いが・・じゃ~、おらブログに花はそろそろ終わりだなんて間違って書い   てしまったて~」

石田さん 「ブログてばなんだ?」

私 「いやいやそれはいいども、ホントに作業ご苦労さんです・・」

石田さん 「山ツツジはこうして雑木を切ったり、下草を刈ったりして手入れをして
   陽のあたるようにしてやらないと一生花をつけないで終ってしまうツツジもあるがだよ・・・桜の花はほとんど一斉にぱっと咲いてぱっと散るどもに、ツツジはこうして手入れしておけば、けっこう長いこと咲いているのを見られるよ・・」

私 「そ~いが・・おらけっこう長いこと生きているがだどもに、いっそ知らんかった
 てぇー」

山のそばに住んでいても、野草や花の名前・・そして開花時期なんかも知らない自分を恥じるばかりである・・・

ちょっと立ち話しが長すぎたが、せっかくここまで来たので展望台まで車を走らせてみよう・・・

5-26.jpg
日の出からまだわずかの時間・・・水田に朝日が光る八色の原を眺める場所に立って見た・・・

そこは、素晴らしい眺望と美味しい空気をまさに独り占め出来、人間本来のスピリチュアルを感じる所・・・

5-26d.jpg
石田さんの言う通り、確かに朝日を一番に浴びているツツジの花は今満開の時を迎えている・・・

5-26b.jpg
そして右に目を転じると、六万騎山と坂戸山そして遠くに巻機山が望める・・・

こうして鳥になったように大地を俯瞰してみると、この湯沢から魚沼に至る地形が少しわかってくるようだ・・・

湯沢が入口としてみると塩沢で大きく膨らみ、六万騎山のところで少しすぼまり、そして八色の原でまた大きく膨らみ伊米ヶ埼の福山橋のところでぐっとすぼまる・・・

この形はまさに“巾着”か“ひょうたん”の形に似ていて、古代にはこの辺は“魚沼”の地名でもわかるように沼だったのではないだろうか?

そして人々は東と西の山のヘリに沿って集落を形成していたのではないだろうか?

5-26ac.jpg
今日は午後から本社へ出張・・・

会社へ行く前に、先月約束していた“東京スカイツリー”の現場へ直行する・・・

現在は下の写真の様・・・着々と工事が進んで行く。

先月の状況は、写真日記の
4月23日(←クリック)をご覧ください・・・


5-26g.jpg
今日の宿泊はここ(ブルーウェーブイン浅草)と決めておいた・・・

5-26h.jpg
会議までまだ時間があるので、少し寄り道しながら会社へ向かってみよう・・・

まず、ちょうどホテルの裏にあるこちらの社(やしろ)から散策・・・

そこは「被官稲荷社」で、私も初めて見かけるお社である。

なんでも、町火消しの組頭として有名な新門辰五郎ゆかりの稲荷神社とある・・・

5-26j.jpg
そのいわれは、こちら(↓)の案内板をご覧ください・・・

5-26i.jpg
その稲荷社の前が「浅草神社」となっている・・・

5-26ad.jpg
浅草神社の本殿は「日光の東照宮」のようにきれいな色で彩られている・・・

5-26l.jpg
脇には社務所新築による協賛金勧募の案内が立てられていた・・・

総工費三億円とある・・・やはり規模が大きい。

5-26m.jpg
参拝を済ませて、後ろを振り返ってみると、車夫の引く人力車に乗って華やかな女性がやって来た・・・

その瞬間、境内が一気に華やかになる・・・

5-26k.jpg
よく見ると、右の女性二人と左端の男性は外人である・・・

外国に日本体験の様子を紹介する企画なのだろうか?

にこやかな笑顔を振りまいてくれていた・・・

ところで、手前の車引きの男性は流暢な英語でガイドをしていた・・・

この人力車を引く仕事もただ力があれば良いというものではないらしい・・・

江戸の習俗・習慣や浅草に関する知識が豊富でないと務まらないようだ・・・

5-26af.jpg
「浅草神社」の隣はご存じの“浅草寺”である・・・

この時間、修学旅行の学生で境内は大賑わい・・・

5-26n.jpg
ただ、その本堂は現在屋根瓦葺き替え等の工事でシートで覆われている為、当分外観を見ることはできない・・・

5-26p.jpg
ここにも本堂工事への寄進のお願いの案内板が立てられていた・・・

5-26q.jpg
現在午後4時過ぎ、この時間本堂に向かって左側に立つ五重塔に逆光で西日が射し、塔が影のように浮かび上がっている・・・

ちょうどこの位置からは、その西日が塔の屋根に天を突くように立つ“相輪”に当たり、ダイヤモンドがきらめいているように見える・・・

そして、この光景が見れたことで、何か得した気分になるから不思議だ・・・

ちなみに、塔の右に見えるビルは中学の修学旅行で“畠山みどりショー”“隠密剣士”を観劇した浅草国際劇場の跡地に建つ「浅草ビューホテル」である・・・

5-26o.jpg


癒しのリバーサイド
5月25日(月) 天気:曇り

ゴールデンウィークも終り、すっかり静寂が戻って来た湯沢町・・・

市街を離れた湯沢の奥に位置する当マンション付近はなお静か・・・

マンション前の道路を渡り、すぐのところにある階段を下って行くと河川敷を利用した通称“リバーサイド”がある・・・

ゆるやかに流れる小川のほとりには、雪解け後水芭蕉が咲いていたがいまは大きく成長した葉っぱのみ・・・

5-25.jpg
リバーサイドの芝も手入れされ、くつろぐのに絶好の場所・・・

白い椅子に腰掛けると、川の音・鳥の声・そよぐ風に身も心もいやされる・・・

ひとり本を読みふけるのも良い・・・

5-25a.jpg

ガイド活躍する・・・
5月24日(日) 天気:曇り

今日は私の知人で塩沢で観光農園を手広くやっている“川永農園”さんを先進地視察・・・

3人で午前9時毘沙門堂前駐車場を出発・・・

川永農園の社長は、「昨年は大型観光バス1000台、人数にして約4万人が訪れた」と話していた・・・

体験型農園と米・農産物加工品販売等で集客をしている・・・

5-24.jpg
ここは金城山のふもとにある畑・・・

ここまで観光バスを上がらせて、トウモロコシやナスもぎ体験・サツマイモ掘り体験などをさせる広大な場所・・・

石内インター近くにある『魚野の里』との連携により、観光コースに組み込まれていて集客に大きく貢献している・・・

5-24a.jpg
視察後帰る途中に“倉友農園”さんの「ゆきむろ米」を保管している倉庫も見学・・・

5-24c.jpg
雪を貯め込みその雪を利用して米を主体に酒・野菜等なんでも自然冷蔵出来る施設である・・・

天然の雪が発する冷気で“米”“酒”などは熟成してほんとに美味しくなる・・・

観光客等もかなり見学に来て「雪むろ米」を購入していくそうだ・・・

刈り取りして精米しただけの米より、雪中貯蔵という付加価値をつければ高額で販売できる・・・

「はざかけ米」「天空米」なども同様である・・・

川永農園の社長も話していたが、大根をそのまま販売すれば100円ちょっとに過ぎないが、酢漬け等加工して販売すれば1本2000円になるとの事・・・

5-24d.jpg
五日町の国道沿いにある野菜直売所にも立ち寄って見た・・・

まだ山菜等が主体で、野菜が並び始めるのはこれからだ・・・

地元の女性たちが交替で店に出ている・・・

5-24e.jpg
午後4時前後に“普光寺”へ観光バスが5台来るので誘導してほしいと依頼があり、バスの駐車場所に一般車両が入らないように番をする・・・

その空いたスペースにバスが入って来た・・・

ぞろぞろ観光客が降りてくる・・・

ボランティアガイドが早速案内開始・・・1台のバスにガイドが一人担当、総勢5人でガイドする。

もう何回も経験しているせいか、バスガイド顔負けの名調子・・・

5-24f.jpg
一度に全員が入っていけないため、ちょっとバスごとの団体の進み具合を調整しながら進んで行く・・・

手前の団体は、ガイドの「晴れていると八海山が向こうに見えます・・・」との案内に振り返っているところ・・・

山門のところにいる団体は天井に描かれている、谷文晁作の「双竜図絵」の説明を受けているところ・・・

5-24g.jpg
「双龍図絵」の説明が終わり集団が前に進んだようだ・・・

山門の説明を受けていた団体が橋を渡り始めた・・・

橋を渡り始めると、正面に小さく見える参道の向こうで待機していた団体が登って来る・・・

その連携プレイはとても素人とは思えないほど・・・

5-24h.jpg
境内にも人があふれだしてきた・・・

白いチェーンでケヤキを囲んでいるのは、ケヤキ保存で踏圧を防ぐため中に入れないようにしているもの・・・

5-24i.jpg
境内中央にある“吉祥ケヤキ”のところだけ通路を設けて直接幹に触れるようにしてある・・・

その幹に触り樹齢500年とも、また上杉謙信お手植えのケヤキとも言われる“吉祥ケヤキ”のご利益にあやかろうと列をなして手を触れる・・・

そのためにもケヤキ育成保存に力を入れていかなければならない・・・

そして触れた皆さんに、『ぜひ、ご利益がありますように・・・』と祈るばかり。

5-24j.jpg
夕焼け・・・

5月23日(土) 天気:雨のち晴れ

どんよりした雲が低く垂れこめた今日の朝は雨からのスタート・・・

そのため、少し肌寒いが空気がきれいで爽快な気分・・・

5-23.jpg
雨に打たれるぶどう園・・・

実をつけ始めたブドウ・・・芽生えてどれくらいたったのだろうか?

これから幾多の作業を経ながら収穫の秋を待つ。

5-23b.jpg
午前中の雨から午後には曇りから晴れの空へ・・・

帰宅途中六日町まで来ると西の空が少し茜色に染まっていた・・・

でも、今年はまだ感動するような夕焼けに出会っていない・・・

5-23c.jpg
昨年はどうだったかちょっと『写真日記』を見てみると、5月12日の夕焼け(←クリック)は最高だったと記されている・・・


草千里・・・
5月22日(金) 天気:朝のうち小雨から晴れのち曇り

早朝の雨も上がり、出勤する時間にはこんなに晴れた・・・

雨上がりの後は空気が美味しい・・・

そして緑が眩しく映る・・・

そんな時は、ここに上がってみようと車を走らせる・・・

草千里を目指して・・・

5-22b.jpg
阿蘇山の草千里とは比較にならないが、ここ浦佐にも“草千里”がある・・・

雨あがり・・風そよぎ・・白雲たなびく丘の上。

5-22.jpg
遠く巻機山をも望める、ここにも草千里・・・

5-22a.jpg
越後三山の前に広がる広大な八色の大地・・

水が張られた田圃もそろそろ田植えも終わりに近づく頃・・・

朝日が山の端を出てから約3時間・・・

もう太陽はこんなに高く昇っている・・・

5-22c.jpg
山の中腹には、慰霊の像が左手を高く掲げて大空に立つ・・・

臨むは、右に“巻機”左に“八海”・・・眼下を流れる清流“魚野川”

5-22d.jpg
今日も陽が昇る・・・
5月21日(木) 天気:晴れ

“かぎろひ”の東の空・・・もうすぐ陽が昇る。

山々の稜線がくっきりと浮かび上がり、天上と地上の境目を鮮明に映し出している・・・

5-21.jpg
日の出と同時に空全体が一気に明るくなる・・・

昨日、田植えを終えたばかりの水田にも朝日が映る・・・

5-21b.jpg
写真に写すと、湖面と見間違うほど・・・

あまりにも穏やかな水面に波一つ無く、まさに合わせ鏡のように映している

5-21a.jpg
あぜ道に咲くクローバの花越しに三山を仰ぎ見る・・・

5-21d.jpg
連日の新潟行き・・・

駅内には、来月開催される祭りのPRで“白根の大凧”が飾られていた・・・

5-21e.jpg
在来線のホームには“特急いなほ7号”青森行きが停車中・・・

新潟発15時35分・・・青森着は22時01分。

5-21f.jpg
新潟行き・・・
5月20日(水) 天気:晴れ

ぐんぐん気温が上がる暑い一日朝から新潟へ・・・

万代シティにある伊勢丹前のケヤキの木陰が涼を呼ぶ・・・

5-20a.jpg
そのケヤキの枝越しにそびえる“レインボータワー”・・・

遠く佐渡島まで臨め、360度の大パノラマの眺望は圧倒される・・・ 

5-20.jpg

八海山フローラ農場の田植え始まる・・

5月19日(火) 天気:晴れ

早朝の風はまだ冷たいが、外に飛び出すとその冷たさに身体の細胞が一気に目覚めシャキッとしてくる・・・

午前4時50分頃の真っ青な空に今日も間違いなく太陽が昇ってくれた・・・ありがたい!

5-19.jpg
土手に咲く花も朝日を浴びて起き出した・・・

野生の花はたくましい・・・

水やり・肥料など人手をかけなくても立派に咲き、子孫も増やす・・・

5-19a.jpg
好天に恵まれた今日、「八海山フローラ農場」の田植えがいよいよ始まる・・・

ウラコウさんの事務所に寄り、9時に㈱フローラの社員と待ち合わせ・・・


㈱フローラが自社農場として確保してある場所を取材に来てくれたのだ・・・

その後田植えの現場に直行する・・・

八海山を臨める絶好のロケーション・・・まさに「八海山フローラ農場」の名にふさわしい場所だ。

5-19b.jpg
もうすでに田植えが始まっていた・・・

八海山をバックに田植え機が気持ちよさそうに快走する・・・

5-19d.jpg
八条植えの田植え機が往復して戻って来た・・・

5-19e.jpg
戻って来ると苗の積み込み作業が待っている・・・

5-19c.jpg
苗がセットされ元肥を入れるとまた出て行く・・・

八条植えのため作業がはかどる・・・

この広い田圃もあっという間に苗で埋まる・・・

収穫時までHB-101の散布作業が繰り返されるが、収量が多く美味しい米に育ってもらいたいと願うばかりだ・・・

5-19f.jpg
これから植えられようとしている田んぼの水面はあくまでも穏やか・・・

越後三山を呑み込んでいる・・・

5-19g.jpg
田植えはまだ途中であるがちょっと休憩・・・

そこで、フローラスタッフとウラコウ社員の記念撮影・・・

今回の田植えの様子は5月末頃㈱フローラのHPに掲載される予定・・・

楽しみに待っていよう・・・

5-19h.jpg


雨上がりの爽やかな一日・・・
5月18日(月) 天気:晴れ・朝のうち風強し

雨があがり空気はさわやかだが早朝から強い風が吹く・・・

関越道の越後川口~長岡間は強風のため50キロ制限をしているとの事・・・

先日植えたばかりのトマトとナスの苗が倒伏しないか心配だ・・・

雨と風とで大気中の汚れが一掃され、新緑眩しいお寺にケヤキの様子を確認に寄って見た・・・

いまのところは例年通りのようだが、夏ごろになって木々の葉の先端にどんな変化が出てくるかが一つの課題でもある・・・

5-18a.jpg
本堂前のツツジが満開で、緑だけの境内にひときわ映える・・・

5-18.jpg
マンション前の田圃は今日が田植え・・・

遠く谷川連峰を望みながら、絶好の田植え日和・・・

水面を波立たせながら、苗を植えていく機械の音が山々に響く・・・“ドッ・ドッ・ドッ・ドッ・・・”

5-18b.jpg
マンション敷地内に植えていた菜の花が満開の時を迎えている・・・

その花園の中に潜入し、蜜を吸う蜂になった目線で撮影してみた・・・

5-18f.jpg
雨の西山に咲く花たち・・・

5月17日(月) 天気:雨

昨夜からの雨がどうも止みそうにない・・・

どこかに出かけて写真だけ撮らないとブログが中断してしまう・・・

そこで無理やり雨の中車で出かける・・・それも山に向かって。

雨の山中は静寂に包まれている・・・

山アジサイ咲く場所にて、いま登って来た道を振り返り撮影・・・

5-17.jpg
ここに咲くツツジ
は、もう見ごろはとうに過ぎたが、まだ“残り花”が雨に打たれながらも凛と咲いている・・・

野生の中で育っている花は、やはり精気が違う・・・

5-17a.jpg
ウツギ(空木)の花は、今満開の時・・・

唱歌で・・卯の花の匂う垣根に~・・とあるがその卯の花がウツギのことである。

一般的にウツギの花は白い花だそうで、やはり卯月(4月)に咲くから卯の花と言われている・・・

この辺でよく見かけるのは、“タニウツギ”と呼ばれ赤い花をつけている(下の写真)のが一般的・・・

田植えの時期に花を咲かせるから「田植え花」とも呼ばれている・・・

5-17b.jpg
人気のない道をさらに登って行く・・・

すると絶景の場所に出る・・・

三山が雨でかすんで見えるが、これはこれで良い・・・

雨の音を楽しみながらしばしたたずむ・・・

5-17c.jpg


苗植え開始・・
5月16日(土) 天気:曇り

午前中六日町に用があり小栗山の道路沿いを走っていたら、異様な光景に遭遇・・・

露天で生育されている苗代を囲むように、上半身だけでアニメ風な顔をし、シャツを着せられた人形がつるされていた・・・

着せられているポロシャツがまたきれいで清潔感のある白で、野ざらしにするにはもったいないくらい・・・

それにしても秋の刈り入れの時ならわかるが、苗代の時点で案山子のような役割をするものが必要なのだろうか?

カラス除け?それとも魔除け?ちょっと分からない・・・

5-16.jpg
今日は休日のため、遅まきながら我が家の畑で「苗植え」を開始した・・・

下の写真は昨日14日に植えたネギ苗・・・

ネギ苗の向こうは昨年植えていた玉ねぎだ・・・ちょっと細いが順調に育っている。

5-16a.jpg
今日はナス・トマト・キュウリ・ピーマンの苗を植えてみた・・・

何しろ素人百姓のため、どれほど収穫できるか少し不安だが・・・

5-16d.jpg
農作業がひと段落して帰り支度をしていたら、畝のところに雀が1羽・・・

近づいても飛んでいかない・・・いや飛んで行けないようだ。

まだ幼鳥で巣から飛び出たは良いが、自立できないでいる・・・

そのままにしておいた方が良いと考え片づけ作業をしていたら、いつの間にかいなくなっていた・・・

飛べたのだろうか?

5-16c.jpg
農作業で汗をかいたあとは、身体が酒を呼ぶ・・・

風呂に入り汗を流してさっぱりとしたら、湯上りの身体で川風に吹かれながら多聞橋を渡りバーべキュー会場へ・・・

同級生の仲間で計画していたもの・・・

気楽に飲める皆と気楽に話し気楽にさわぐと酔いが予想以上に回る・・・

5-16e.jpg
何時頃になったんだろうか?

越後三山が眼前に見える・・・

酔いながらも夕闇に浮かぶ三山を撮影・・・

この撮影時、前を流れている側溝をまたごうとして落ちてしまうがカメラだけはしっかり確保・・・

だいぶ酩酊してしまったようだ・・・

5-16f.jpg
新潟行き・・
5月15日(金) 天気:晴れ

所用のため新潟行きとなった・・・

朝方は少し寒いくらいだったが、昼に近づくとともに陽射しが強くなり暖かくなってきた・・・

ビルの谷間の小さな公園には、今ツツジが咲き揃い訪れる人にうるおいを与えている・・・

5-15.jpg
白山公園まで足を伸ばすと、満開の藤の花が出迎えてくれて、木陰を作ってくれている藤棚の下で一休み・・・

5-15b.jpg
陽も高くなり、まばゆいほどの太陽の光りを新緑のもみじの若葉が和らげてくれて、葉の内側に入ると別世界・・・

5-15d.jpg
夜7時からお寺庫裏にて「西山三十三番観音様会議・浦佐西山協議会合同総会」に出席・・・

H20年度の事業報告・西山環境調査結果報告・沢道整備等について説明を受け、今年度の事業計画及び三十三番観音様の道路整備の日程等が報告された・・・

道路整備については、長い歴史をもつ8月の「観音様道こさえ」のほかに5/31(日)・9/27(日)の2回を日程に加えることとした・・・

5-15f.jpg
早朝の山並・・・
5月14日(木) 天気:曇り時々晴れ一時雨

今日は気温も下がり、かなり寒く感じた・・・

部屋の暖房を入れ炬燵に入るほど・・・もう5月なのに。

この前までは真夏日で暑いくらいだったのに、この温度差に身体の調整も大変だ・・・

北海道では、5月を半ばにして雪のニュースも聞かれるほど・・・

AM4:40頃の越後三山と八色の里・・・

田植えはこれからか?

5-14a.jpg
小出方面から雲が切れてきたようであるが、この様子から今日の天気は晴れるか?曇りか?・・・

左に見える双こぶラクダのような山は権現堂山・・・

左から下権現と上権現と二つある・・・

昨年の公民館主催による「町民登山」で登ったところだ・・・

“弥三郎ばさ”の伝説のある山でも知られている・・・

5-14b.jpg
田圃礼賛・・・

5月13日(水) 天気:小雨・曇り ・晴れ

昨夜遅くから降った雨が大気中の塵や埃を洗い流し、小雨が降り続ける朝を迎えながらも久しぶりに美味しい空気をゆっくりと身体に取り込む・・・

ひんやりとした朝の空気が身体を引き締め、細胞が活動し始めるのが実感できるほど・・・

新緑の木々の葉も命の水を与えられたように生き生きとしている・・・

当り前のようにあると思っている生命の三原則『太陽と水と空気』に改めて感謝!

“コシヒカリの里”塩沢地区の田圃もほとんど水が張られ田植え最盛期を迎えている・・・

それにしても広大な農地が、まだここにはある・・・

田圃は生命の源泉地でもある・・・ぜひこの環境と景観を守って欲しい。

5-13.jpg
上記場所から少し走ると大河ドラマ”天地人”で大賑わいの雲洞地区に来る・・・

その清水街道に接する所に『庚申塔』があり、そこから上田方面を写す・・

この『庚申塔塚』の文字は、雲洞石龍氏の書によっている・・・

まだこの辺には田舎の原風景が残っている・・・

5-13a.jpg
小雨の天気も午前中で上がり、午後からは回復してきた・・・

帰宅途中の午後6時10分頃、あちこち撮影しながら寄り道する・・・

大きな雲の塊が田んぼの水面に影を落とす・・・

空に浮かぶあれだけの大きさをもつ雲のかたまりでさえも、地上に映せば田圃1枚で足りるから不思議だ・・・

5-13b.jpg
遠く残雪をいただく2000メートル級の山容すらも、すべて受け止めてその姿を水面に映す・・・

5-13c.jpg
木々も山並みも雲も空も・・・すべて水の中。

あの太陽や月さえも取り込んでしまう・・・まさに宇宙がここに凝縮されている。

千変万化する“水”・・・異なる形にすべて合わせる“水”・・・形があるようでいて無い“水”

コップの中にも太陽を取り込むことができる“水”・・・

私は“水”になりたい・・・

5-13e.jpg
ほぼ同じ位置で西山を写す・・・

低山でなだらかな山容の里山・・・

東山と西山はこれほど姿が違ってくる・・・

5-13g.jpg
農作業に使うものを買いに六日町コメリに寄ってみた・・・

夕暮れ時の田圃に、各店舗の照明が映し出されていた・・・

もうそろそろ陽が沈む時間・・・明日は天気になりそうだ!

5-13h.jpg


出番を待つ早苗・・・

5月12日(火) 天気:曇り

南魚沼は、いま畑や田んぼの作業で大忙し・・・

ここ、五箇の境川地区にある一角では、一面グリーンに覆われた場所がある・・・

大規模の苗代の圃場にびっくり・・・ 

苗が規則正しく整列し、植えられる日を待っている・・・

5-12.jpg
精気あふれんばかりの早苗(さなえ)が葉先に水玉をつけ、それがキラキラ輝いて見える・・・

この水玉を見ていると、生命力にあふれ、漲る命を噴き出しているようだ

5-12a.jpg
夕方近く用がありお寺に出向くと、ちょうどこの時期地蔵様の前にある「ツツジ」があざやかな花を咲かせ始めていた・・・

まるで、ツツジの台(うてな)に鎮座しているようだ・・・

新緑の境内にあってここだけ華やかな空間・・・、地蔵様も年一回咲く花を待っていたかのように嬉しそう・・・に見える。

普段あまり気にも留めない地蔵様だけれども、ちゃんと境内に上がってくる人を見守り続けている・・・

黙っているけど居るんだよ・・・

5-12b.jpg


田園

5月11日(月) 天気:晴れ

それにしても連日好天が続いている・・・

そのため大気中の空気も澱んできているようなので、そろそろ一雨欲しいところ・・・

国道を走っていると、アイリス(間違っているかも知れない)の花が咲き、背景の菜の花の黄色によく映える・・・

5-11.jpg
塩沢地区ではちょっと寄り道して農道を走ってみる・・・と、ちょっと違った景色に出会える・・・

田んぼの真ん中に稲荷様を祭っている場所から撮影・・・

農道や昔の古い道を通ってみると、石仏・祠・庚申塔・二十三夜塔などを結構見かける・・・

今は取り残されたかのような場所にある石仏などに、何か当時の人たちの日常生活の中での信仰をくみ取る事が出来、往時が偲ばれる・・・

5-11a.jpg
田植えはこれからが最盛期・・・この田んぼはもうすでに田植えを終えていた・・・

5-11b.jpg
さらに集落の懐に入り込むと、蔵のあるところに出た・・・

蔵と田んぼと細い道・・・

風と空気と鳥の声・・・

初夏の景色は癒される・・・

5-11c.jpg


スイカ畑・・・
5月10日(日) 天気:晴れ

昨日「地域座談会」の懇親会で帰宅が遅くなり、家族から「美味しいサクランボが届いているよ・・・」の声にも酔っているため食べる気がせず、すぐ寝てしまった・・・

そして今朝「サクランボはどうなった?」と聞くと「冷蔵庫の中・・」と言うので扉を開けてみると、桐箱に入った見かけないものが目の前に・・・

この中にサクランボが?

いつもパック入りしか食べた事がないため、桐箱に入ったサクランボなんてホントにあるのだろうか?

人間でも死んだとき、桐で作られた箱に入らないのに贅沢なやつだ!

おそるおそる開けてみる!

えっ!もう半分食べられている・・・が、それもしょうがない。

それにしても一個一個丁寧に包まれ、碁盤の目のような金の桝目に整然と鎮座しているサクランボを見ると神々しささえ感じる・・・

これが佐藤錦と言う品種なのだろうか?

色・艶・形の三拍子整った見事なサクランボ・・桐箱に入っている事にようやく納得。

サクランボを一つつまみ、おもむろに口に入れてみる・・・ひんやりとした触感と共に一口かじるとプチッと皮が弾ける音がし、そのあと果汁が口の中一杯に広がる・・・ほど良い甘さと、ほど良い酸味が朝起きがけの脳をすっかり目覚めさせる。

「ほんもの」の商品というのは感動を与えると同時に“食は命”そのものだなとつくづく実感する・・・

おかげで元気が出た・・・その勢いで出勤だ。

5-10.jpg
八海山の麓に湖面が出現?・・・

この時期田圃に水が張られ湖のようになり、魚沼の山並が影を落としている・・・そんな光景が見られる初夏の八色原。

5-10a.jpg
東地区の黒土付近では、ビニールで覆われたスイカ畑があちこち見られ、太陽が反射しキラキラまばゆい光景となっている・・・

5-10b.jpg
ちょっと風穴から覗いてみた・・・

これがスイカの苗だ・・・

すくすくと育って夏にはシャキシャキ感のある甘くて美味しい「八色スイカ」がここで採れるのだ・・・

サクランボの佐藤錦と同じく「八色スイカ」は今やブランド品となっていて、スイカの王様である・・・

農家の苦労がしのばれる・・・

5-10c.jpg
大崎地区でも半円形のビニールが続き、まさにマルチの海と化している・・・

5-10d.jpg
地域座談会
5月9日(土) 天気:晴れ

ゴールデンウィーク後は畑の苗植え・種まきの時期到来で大変忙しくなる・・・

今のところ好天が続いていて地温も上がっているため、植え時としては一番良い時ではないだろうか?

植えたあとに一雨降って、畑に湿りが来れば最高なのだが・・・

ここ福井屋種苗店さんの通りは、苗物を購入しようとする人の車が両脇に停車し往来を占拠するほど(写真のこの時間帯は少ない時)・・・

午前中の早い時間などはびっしりと車が停まっている・・・

我が家の畑はこの右側にあり、農作業をしていると福井屋さんに来た人(中には知らない人からも)から時々声をかけられる・・・

“なに植えるがだてぇ~”

草が生えている畑を見て“草が元気だのぉ~”

畝立てをしているのを見て“畝が曲がってるてぇ~”

まだ何も植えていない場所を見て“なんでもいいから早く植えればいいこてぇ~”

・・・・などとよく世話を焼かれ、畑に出るのが怖いくらいだ。

それでも声をかけられるのはまだ良い・・・

中にはじっと黙って見ているだけで、帰る時“にやっと”笑って行かれると冷や汗が出てしまう・・・

ストレス発散のため、畑に入っているのがこれでは逆にストレスがたまるばかり・・・

来年からは道路に面して「板塀」でもめぐらそうかと考えている・・・

5-9.jpg
店先には花の苗がたくさん置かれ、つい目を奪われるほど華やかな場所となっている・・・

5-9a.jpg
午後3時から「地域座談会」と云う事で案内を受けていたので出席・・・

会場の「大和公民館2階会議室」から眺める眺望は“素晴らしい”の一言・・・

5-9c.jpg
座談会は「池田記念美術館」をスポーツ・文化の発信拠点とした計画に基づき、市当局と地元関係者と協議すべく開催の運びとなったもの・・・

今回、㈱ベースボール・マガジン社の佐藤最高相談役を交え館長・副市長・教育課長・市議のほかに地元地域活性化に携わっている団体が参加し、今後も意見交換をしていく中で地元と密着した美術館の活動の在り方を検討していく第一歩となったと思う・・・

5-9b.jpg
懇親の席は「八海山麓サイクリングターミナル」にて、5時のまだ明るいうちから暗くなるまでみっちりと意見交換をした・・・

こちらの意見交換はとても活発で、玄関を出るまで何やかやと話を交わすほど・・・

様々な立場の人からいろいろな話を聞けることは大変有意義である・・・

こういうのは1回きりではダメで継続して行くことが重要・・・今後の案内を待つ!

5-9d.jpg
友人から久しぶりのTEL・・・

5月8日(金) 天気:曇り・小雨

今日の朝刊に“びしゃもん市”のチラシが入って来た・・・

現在毎日営業している常設の“びしゃもん市”に加えて、今後月一回第二日曜日にイベント的なものを打ちながらお店の数も増やして、集客増に結び付けようとして企画されたもの・・・

先日地域振興センターにて開催していた“小さなお店マーケット”の皆さんからも出店の申し込みが来ているようだ・・・

また、グローブクラブ内では展示の企画が目白押しなので、気楽に寄ってコーヒーなどを飲んでみてはいかがでしょうか?

おくに自慢会館周辺から賑わいを発信して行こう・・・

びしゃもん市5-8b
今日千手院さんでは薬師様の山頂祭・・・ひと月遅れのお釈迦様の誕生会でもある。

子供の頃、おふくろから“つきがえし”(草餅)を作ってもらい、境内にあるお釈迦様に甘茶をかけて薬師様に登ったものだ・・・

5-8a.jpg
その懐かしいお釈迦様と甘茶が用意されていた・・・

今日は勤務のため行事に参加できないのが残念だが、出勤前にまだ人気のない境内で一人甘茶をかけて手を合わせる・・・合掌!

5-8.jpg
仕事中に携帯が鳴り、出てみると久しぶりの友人の声・・・

昨年ちょうど宮城で起きた大地震の日(6/14)に仙台で再会し、当時東北財務局理財部次長をしていた森嶋を含めて学生時代の仲間4人が集結し旧交を温めて以来だ・・・

約1年ぶりにまたみんなで会いたいという電話・・・

現在は静岡に異動となって活躍している・・・

ヤフーで「森嶋・・・」とフルネームで検索すると出ているよとのTELに、ためしに
森嶋とクリックしてみた・・・

ホントに出ていた・・・静岡のロータリークラブに招かれての講演をしているところだそうだ。

学生時代から飲み会の幹事となると、いつも私と森嶋がその役目だった・・・

まず現在一番多忙を極めている
㈱フローラの社長である川瀬の日程を確認してから話を進めてみよう・・・

気の置けない友人との再会が楽しみである・・・

これからは年一回定期的に集まってみようとも考えている・・・

そう言えば、㈱フローラの
社長ブログが更新されていた・・・

ロシアでHB-101が大反響を呼んでいるようだ・・・現地法人まで作ってある。

安全安心な食糧供給のためにHB-101の需要はさらに大きくなるだろう・・・

会社のさらなる発展を祈る・・・


銀杏の花
5月7日(木) 天気:曇り

毘沙門堂前駐車場に植えてある大銀杏の木から、ポタポタと無数に落ちてきているのは何だろうか?

5-7a.jpg
良く見ると短い穂状のものが落ちている・・・

ネットで調べてみたら、これは銀杏の雄花だそうだ・・・

銀杏には雄の木(実が生らない)と雌の木(実が生る)があると聞いていたが、これは雄の木なのだろうか?

それにしては秋になると実が生って拾いに来ている人を見かけるのだが?

5-7.jpg
夕方6時ごろ駅前通りから八海山を見ると、雲の切れた所にうっすらと月が出ていたので撮影・・・

写真を見てから気付いたのだが、この時間帯駅前通りには人の姿が全くないし、車も通っていない静かな静かな夕暮れ時となっている・・・

5-7f.jpg
外は静かだが室内は賑やかだ・・・

6時半からお寺でケヤキに活力剤の散布作業をしたメンバーで慰労会・・・

ケヤキばかりでなく人間にも活力剤を入れようと企画したもの・・・

それにしても毎晩よく活力剤が入るものだ・・・

5-7g.jpg
ケヤキ育成と浦佐城・薬師様山道整備
5月6日(水) 天気:曇り

AM9時お寺に集合・・・

境内にある7本のケヤキ保存・育成の会を立ち上げ今日から始動する・・・

㈱フローラから提供された「HB-101」の液体と顆粒を一面散布する作業だ・・・

5-6_20090507153247.jpg
つるはしで穴をあけ顆粒を撒く・・・その後に5千倍に薄めたHB-101をかける。

雪降り前まで毎週一回5千倍液をかけ続ける作業をやっていく・・・

昨年は夏ごろになるともうケヤキの葉が枯れ始めた症状が出ていたが、この作業をすることで今年はどうなるかしっかり見ていきたい・・・

5-6a.jpg
午後1時からは浦佐城・薬師様山道整備のため千手院さん前に集合・・・

5-6b.jpg
登り口では案内板を立て周辺を草刈りする・・・

5-6c.jpg
登って行く道中には「チゴユリ」の群生が迎えてくれる・・・

5-6e.jpg
実城(本丸)に到着・・・

越後三山・八色原を一望に見渡せる絶景の場所・・・

右側に黒く焼けて木の枝で輪を作ってあるのは、昨年「狼煙上げ」をした跡だ・・・

5-6f.jpg
急な斜面を階段状に整備し登りやすくしている・・・

5-6g.jpg
実城周辺には「イワカガミ」の群生・・・

5-6h.jpg
仕事もはかどり、途中でちょっと休憩・・・

5-6i.jpg
いま、アンニンゴ(ウワミズサクラ)の花があちこちに見られる・・・

この花が開く前のつぼみと実は食用になる・・・

5-6n.jpg
この切り立った崖の斜面に、昨年実城(本丸)整備のため伐採した木を投げ込んでいたが、大勢の人が登って来るのに見た目も良くないという事で、途中で止まっていた枝や木をさらに下に落とす作業をしているところ・・・

この作業で一気に汗をかいた・・・懇親会でのビールが旨いぞ!

5-6j.jpg
午後4時ごろ作業も終了・・・

家に帰り汗を流して5時から総会と懇親会・・・

総会の席では、決算報告と今年度の活動計画を話し合う・・・

山道整備は今後2回ほど継続して行い、10月17日に行われる「狼煙上げ」も参加することでそれぞれ決定する・・・

5-6k.jpg
総会を早めに終えて懇親会に入る・・・

今日の作業の疲れを取るために酒のピッチも上がる・・・

5-6l.jpg
何時頃か覚えていないが、懇親会から帰る頃には境内に提灯の明かりが灯っていた・・

そう言えば、8日の日はひと月遅れのお釈迦様の誕生会と薬師様の山頂祭がやってくる・・・

夜の風が心地よく吹く中、酔いも回り千鳥足でよせばよいのに二次会へ・・・

5-6m.jpg
シバザクラ満開・・・
5月5日(火) 天気:晴れ・曇り

今シバザクラが満開の時・・・

この花が魚沼に定着し出したのはいつ頃からだろうか?

昔にはあまり見られなかった花だったと記憶しているが、今はあちこちでこの花を見かける・・・

5-7d.jpg
どんどん芝のように増えて一面に咲くと見事な景色を見せてくれる・・・

5-7e.jpg 
お店視察・・
5月4日(月) 天気:晴れ

3日の写真の続き・・・

“大般若会”終了後、毘沙門通り活き活き再生懇談会の関会長と二人で魚沼市旧湯之谷で開催されている“小さなお店マーケット”を視察・・・

びしゃもん市のPRと共に、出店の依頼を個々のお店にお願いしてきた・・・

毎日開いている“びしゃもん市”に加えて、月一回は(第二日曜を予定)大々的に飲食を含め様々なお店を出して賑やかにしようと計画している・・・

その一環として、地域振興センター内で開催しているお店を見て回り、出来れば“びしゃもん市”にも定期的(第二日曜)に出店をしていただこうとの思いから訪問したもの・・・

5-3i.jpg
個性あるお店にお客さんも大勢見えていた・・・

自分で作り自分で販売する・・・そんなお店がたくさんある。

5-3j.jpg
その後、3日から始まった堀之内の『皇大市』を視察しに行ったが、午前中に終了したと云う事でスタッフが境内でバーベキューをしていた・・・

いちおう来訪の趣旨を伝え話を伺った・・・活性化を目指し市を開いて7年になると言う。

どこも地域活性化のため知恵を絞り活動している・・・

5-3k.jpg
4日の日の5月の空は“皐月晴れ”・・・

五日町ではまだ菜の花が満開に咲いている・・・

5-4.jpg
大般若会と成人式
5月3日(日) 天気:晴れ

5月に入って3日目、皐月の空は今日も晴れている・・・

昨日は八十八夜・・・新緑眩しく、風薫る爽やかな季節到来。

1年で一番良い気持の良い時かも知れない・・・

そんなGWに突入した3日の日は行事も多い・・・

南魚沼市では今日が成人式・・・

我が家の長女も晴れて成人式を迎えることになりました・・・

そこで、式場である市民会館に行く前に「ヤナギ写真館」にて記念撮影・・・もちろん“おふくろ”を交えての家族全員の写真も。

二十年と云う時間の重みを感じながら写真におさまる・・・

5-3.jpg
記念撮影終了後は「大般若会」が行われるお寺に寄ってみた・・・

5-3f.jpg
「ケヤキ保存育成の会」で話題にしていた“注連飾り”がケヤキに巻かれていた・・・

ケヤキ再生の願いを込めて・・・

5-3a.jpg
境内の真ん中に立つ“吉祥ケヤキ”にも・・・

5-3b.jpg
参拝に来られたお客さんに“おせったいの会”の皆さんがお茶出し・・・

このもてなしが大変好評を得ている・・・

5-3c.jpg
毘沙門堂も扉が開かれ、これから大般若会が始まろうとしている・・・

5-3d.jpg
毎年出している“ダルマ”のお店・・・

大きいダルマに小さいダルマ・・それも定番の赤だけでなくカラフルな色が各種揃っている。

5-3g.jpg
これから始まる“大般若会”に長廊下を進んで毘沙門堂へ・・・

5-3e.jpg
この時間、堂内にも参拝する人が増えだしてきた・・・

左側の椅子に神妙にして座っているのは今年成人を迎えた浦佐の若者・・・

お寺からもお祝いの記念品を渡し、お護摩に参列した後市民会館に向かう事に・・・

5-3h.jpg 
GW突入・・・
5月2日(土) 天気:晴れ

いよいよGWに突入・・・

ニュースによると、すでに高速道下り線で渋滞が発生しているらしい・・・

空や列車なども空席がほとんどない状態・・・

「百年に一度の大不況」「新型インフルエンザ」が世界を席捲しているというのにだ・・・

国道脇にある一村尾地区の田圃にも水が張られ、八海山と巻機山が競演する姿を映しだしている・・・

5-1g.jpg
湯沢でも少しづつ観光客が来始めている・・

ここフィッシングパークの釣り堀も賑わっていた・・・

今年のGWの人出はどれくらいになるだろうか?

マンションもこれから忙しくなる・・・

5-2.jpg 
滝三昧・・・
5月1日(金) 天気:晴れ

ずっと好天が続く・・続く・・・

湯沢でもさすがに日中は暑くなる・・・

朝方は8度くらいの気温の低さだったのに・・・

これほどの暑さになると水のそばが恋しくなる・・・

そこでオゾンを発生すると言う滝の近くに行ってみよう・・・

まず堰堤によって造られた三段の滝から・・・

雪解けの水で水量も多い・・・ミクロ状のしぶきが身体にかかり心地よい。

5-1b.jpg
次は三段の滝から1分の場所にある滝へ・・・

5-1d.jpg
勢いよく岩肌を縫って落ちて行く水・・・

ゆるやかな小川の流れもあれば、この滝のように轟音をとどろかせて勢いよく落ちて行く流れもある・・・同じ水でも流れは千変万化・自由自在。

その水の勢いと轟音に圧倒され、しばしたたずむのみ・・・

ただ眺めているだけで“無”になれるから不思議だ・・・

5-1e.jpg
ふと我に返り空を見上げると、大鷲?トンビ?・・・ゆうゆうと飛んでいる。

時間が止まっているような深山幽谷の真っただ中にただ一人・・・すべてを受け入れられる素直な自分がいるのにふと気づく。

大きく両手を広げて深呼吸をしてみる・・・吐いた分だけ気持ちが軽くなる。

自然は能動的に、意図的に何も働きかけてこないのに、また押し付けがましくなく、ただ黙っていつもそこにあるのに、自然が気づかせてくれることで救われることが多い・・・

5-1f.jpg
午後、栽培しておいたキノコの原木に成長したシイタケを確認・・・ちょうど食べごろ。

この林はキノコが育つのにとても良い環境(湿気・風の通り具合・太陽の射し具合等・・)なのだ・・・

5-1.jpg
その林には“コシアブラ”の木も何本かあり今ちょうど採り時・・・

てんぷらが絶品・・・

5-1a.jpg


プロフィール

tamonkun

Author:tamonkun
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

今日のニュース

天気予報

ヘルシーレシピ

占い

カテゴリー

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。