FC2ブログ
毘沙門の風よ吹け!
毘沙門の里つれづれ日記
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜行き・・・
3月25日(水) 天気:曇りのち雨

新潟の天気予報では雪マークが続いているが、今日・明日は神奈川の天気の方が気になる・・・

・・と言うのも、明日(26日)に行われる長男の大学卒業式に参列するついでに、たまに家族そろって横浜で食事をしようと以前から計画していたためだ・・・

ちょうど学校は春休みでもあるし・・・

子供たちが成長するにつれ、みんな揃って会う機会がだんだん少なくなってくる・・・今のうちだけだろう、こんな感じで会えるのは・・・

曇り空の浦佐を発ち、大宮から湘南新宿ライン(これがすごく便利)で横浜へ・・・

次男は、高校で離任式を終えてから一人で来る事になっている・・・

横浜駅に着くと、こちらも曇り空・・・駅で長男と合流。

まずアパートへ・・・ 会社の寮へ入るためここも最後。

荷物はすでに運んであるが、最後の掃除を・・

その後何か研究室に用があるとの事で、歩いて7分くらいある大学まで一緒に行く事に・・・

もうその頃にはちょっと強い雨が降ってきていた・・・

途中にある常盤公園では、いま菜の花が満開・・・

菜の花
正門を入り、うっそうと茂る木々の中、真っ直ぐに続く道を歩く・・・

階段を上がると、緑豊かな広大なキャンパスが広がる・・・高台にあり風光明媚な場所でもある。

晴れた日には、富士山も望めると云うところ・・・

大学
今日は雨で少し肌寒いが、キャンパスのあちこちで春の花が出迎えてくれている・・・

手前の花の奥には、桜の木が満開に近い花をつけているのがおわかりだろうか?

大学2
息子とはここで別れ、私たちは雨も降るし早くホテルに入ろうと学校をあとにする・・・

宿泊は“みなとみらい21”にあるホテルに予約を入れておいた・・・

ホテル前の広場では、大ぜいの観客の前で神奈川大学の応援団のパフォーマンスが行われていた・・・

神奈川大学は今日が卒業式・・・式の会場はこのみなとみらい21にある場所のどこかでやっていたようだ。

太鼓の音が響き、チアガールの黄色い声が飛ぶ・・・

もっと見ていたいが、ホテルに入ろう・・・

神大2
宿泊はこのホテル・・・

船の舳先が海に突き出しているような形をしたホテル・・横浜によく似合っている。

ホテル
4人泊まるので2部屋予約しておいた(長男は明日の卒業式に備え友人のところに泊まる事になっている)・・・それも廊下に出なくても部屋を行き来できるコネクトルームを頼んでおいた。

ホテル2
16階の部屋から見る景色は、観覧車が真横であるが港が一望できる場所・・・

夜景はどんな感じになるのか、今から楽しみだ・・・

ホテル3
午後4時半過ぎ、研究室での用を終えた長男、千葉から来た長女、高校で離任式を終えた次男とホテルの部屋で全員集合・・・

家族が久しぶりに揃った・・・

今晩の食事は、長男がバイトで勤めていたと言うイタリアンレストランで・・・

実は、今回の目的は明日の卒業式よりもこれがメイン・・・

どんなところだろうか?そしてどんな料理だろうか?

ホテルを出て、“みなとみらい駅”から2つ目の“日本大通り駅”で下車・・・

その頃時間は6時を過ぎていた・・・予約を6時半に入れておいたと言う事で、ちょうど良い時間だ・・・

レストランまでゆっくり歩きながら、夜の横浜をじっくり楽しもう・・・

大桟橋近くまで来て海を隔てた向こう岸を見てみると、薄暮の空に浮かび上がる“みなとみらい21”のビル群が美しい光を放っていた・・・

夜景
景色に見とれ、あちこち写していたら皆はどんどん先に行ってしまい遅れをとった・・・

こんなところで、迷ったら大変だ!先を歩いている4人組に大きな声をかけ待っていてもらう事に・・・

この大桟橋をどんどん中に入って行くとその店があるそうだ・・・

大桟橋
中に入るといきなり広い場所に出た・・・ここはレストランではない。

何かイベントでもやるところなのだろうか?

この奥の左側から入って行くらしい・・・

大桟橋2
その奥の場所に来ると、いきなり青い照明に彩られたトンネルがあり、そこをかまわず進んで行くのだと云う・・・

ブルーに染まるトンネルを歩いていると、不思議な錯覚に陥りそうだ・・・

そして、聞こえるのは床を歩く“コツコツ”と言う靴の音のみ・・・

この先、何が待ち受けているのだろうか?不安と期待が入り混じる。

サブゼロ
何か異様な感じのトンネルを50メートル以上は歩いただろうか(かなり長く感じた)、ようやくレストラン入口に到着・・・

その名は、イタリアンレストラン
SUBZERO(サブゼロ)”(←クリック)

何か場違いのところに来たのではと不安になるが、ここで働いていた息子がいるので少し安心出来る・・・

とにかく勇気を出して入ってみよう・・・

サブゼロ2
この先は、明日・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bisyamonnosato.blog103.fc2.com/tb.php/438-fff31195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tamonkun

Author:tamonkun
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

今日のニュース

天気予報

ヘルシーレシピ

占い

カテゴリー

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。