毘沙門の風よ吹け!
毘沙門の里つれづれ日記
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴乃花部屋入門・・
6月13日(土) 天気:曇り

以前から申し込みをしていた企画に参加するため、朝一番の新幹線(AM7:07分発)にて東京行き・・・

会場は中野サンプラザ・・・

中野駅北口よりわずか3分のところ、駅を降りるとすぐ目の前に特徴のある建物が建っているからすぐわかる・・・

6-13.jpg
エレベーターを8階で降りると、もう会場入口にはお弟子だんたちが集合していた・・・

実は今回、元横綱貴乃花氏の著書
「貴流・心気体」の出版を記念して、後援会の会員を対象に「健康な体作りのための四股エクササイズ」の教室が開催されたので参加してみたのだ・・・

6-13a.jpg
まず、おかみさんの挨拶から・・

親方は左側でマスクをして椅子に座っている・・・

第1部は「呼吸法」・・貴乃花親方と親交のある気功師の植松先生の指導で始まった・・・

ゆっくりした所作で身体を動かしながら、息を吸い・・息を吐く・・あくまでも腹式呼吸で。

そのうち自分の身体が自分の身体でないような、いや、その身体自体が広い宇宙の胎内にふんわりと浮かんでいるような不思議なこころもちになって来る・・・

身体も少しづつ熱くなってきた・・・

6-13b.jpg
第2部は親方の指導による「体にやさしい、四股エクササイズ」・・・

体の軸を整え、インナーマッスルを鍛える効果があるという・・・

親方自身毎日続けている独自のストレッチに、この「四股」が組み込まれている・・・

この四股ストレッチを約40分・・・汗が出る出る!

単純そうに見える運動もきちんとやるとかなりきつい・・・

最後に記念撮影で終了・・・終わった後は何か身体の細胞が生まれ変わったように感じたのは私だけだろうか?・・・呼吸法が何とも良い。

ただ義務的ではなく、無理しないで毎日続けることが必要・・・

6-13c.jpg
時計を見るとまだ12時・・・

ついでにちょっと見ておきたいところがある・・・という事で新宿へ。

私が学生時代の時から占いで有名な“新宿の母”の店は、当時と変わらず「伊勢丹新宿店」前で営業している・・・

6-13d.jpg
変わったのは、“新宿の母の息子”が跡をついでいることくらい・・・

6-13e.jpg
そして伊勢丹に接して走っている明治通りの信号を渡ると、そこは新宿三丁目・・・

懐かしのエリアでもある・・・

歌舞伎町あたりとは趣きをがらっと変え、さらにその奥の二丁目は夜になると、素人が足を踏み入れるには躊躇する場所・・・まだ歌舞伎町の方が歩きやすい。

その三丁目には学生時代に通っていた店「山小屋」と「どん底」があったのだが、まだ残っているのだろうか?・・・

いや、たぶんもうないだろう・・・何しろ三十数年前の話だ・・・

青春時代に戻った気持でその場所に行ってみた…すると、あった!

目まぐるしく変化する時代を乗り越え化石のように残っていた・・・青春時代のあの頃が走馬灯のように駆け巡る・・・

そこは、歌声酒場・・・
酒場“どん底”である。

ロシアの作家ゴーリキィの書いた「どん底」から採った名だ・・・

昭和26年(1951年)に開業し、歌声酒場発祥の店でもある・・・

6-13i.jpg
店内の写真が飾られていた・・・中は3階になっている。

あの三島由紀夫氏がいつも座っていた指定席が今もある・・・

私の座ったところもまだあるのかな?

もう1軒の「山小屋」はなくなっていた・・・この店は地下3階で道路から一気に下へ潜り込んで行くような店だった。

ランプのような灯りでうす暗く、煙草の煙が店内に充満していた・・・

飲むテーブル席は、天井が低くてしゃがみながら移動したことを覚えている・・・

6-13j.jpg
どん底のすぐ近くには、落語の定席
末広亭がある・・・

上野鈴本と違い木造の江戸風情を残している建物である・・・

いまや落語ブームでもあるが、私の落語歴は小学生の時からだ・・・

雑音が入りほとんど聞こえないようなラジオのスピーカーに耳を当てて聞いていたことを思い出す・・

落語・講談・浪曲・漫才なんでも聞いていた・・・

だから東京に来る事になって最初に見たかったのは「寄席」というところだった・・・

初めて入って見たのもこの「末広亭」である・・・

ラジオで聞いて想像していたものとは全く違っていたことを覚えている・・・

6-13f.jpg
昼の部(12時~4時半)の出演者はご覧のとおり・・・

もうすでに始まっているが久しぶりに入ってみよう・・・木戸銭は2,700円。

6-13g.jpg
昼の部のトリは柳亭楽輔さん・・・終了したのがちょうど4時半。

お客さんは2階席を除きほぼ満席になっていた・・・

やはり落語ブームの影響か?

それにしても生の寄席を久しぶりに堪能した・・・満足しました。

6-13h.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bisyamonnosato.blog103.fc2.com/tb.php/520-b3966a6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tamonkun

Author:tamonkun
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

今日のニュース

天気予報

ヘルシーレシピ

占い

カテゴリー

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。